タグ「Report」の一覧

昨日は、RCビューアーをアップデートすることから始めました。
WindLight(WL)がSecond Life Release Candidate(RC)に統合されてから初のアップデートです。

海の表現はそのままのように感じますが、どうなんでしょう?

さて今日の日記は、「悠々自適レポート」の第2弾!
今回のお客様は、最近小樽SIMに店を構えたMtyobi Latteさん(以後、ちょびさん)です。
「ふうふ逢」の常連さんで、昨晩も遊びに来てくれました。
私はまだ彼女のお店には行っていなかったので、せっかくの機会なので、連れて行ってもらいました。

着いた先は、レンガ倉庫と運河のある、まさに小樽。
その一角に、ちょびさんのお店「KING OF VINTAGE SOUL BAR HIKARU」があります。

シックでモダンな店内。
角地にあるということを最大限利用した作り。
開放的なのに、何故か落ち着く雰囲気がありました。

Barのカウンタースペース。
大人な雰囲気が漂います。

こちらは、小樽を代表するガラス細工と思いきや、クリックするとなんとちょびさんの小説が読めるという仕掛けになっています。
このオブジェは、リアルで作ったガラスのブローチなんだとか。
目で見て美しく、読んで楽しめる。
まさに一度食べて二度美味しい状態。
素晴らしい趣向に感服しました。
ちなみに、私がクリックして得た小説は、「第4話 今あいしてる」というものでした。

こちらがちょびさんです。
最近は人間アバターで過ごされていることが多いようですが、犬のタイニーになっていることもあります。

ちょびさんに誘われて、今度は小樽SIM内を散策しました。
小樽SIMは、今年3月8日にオープンしたばかりのSIMで、オーナーのBerraraa Millsさんという方が一人で作り上げたSIMなのだとか。
リアル小樽を再現したかのようなSIMで、とても雰囲気がいいです。

まず向かったのはヨットハーバー。
沢山のヨットが係留されていて、それだけで絵になるようなスポットです。
また、ヨットハーバーには素敵なバーも作られてあります。
こんな素敵なバーなのに、誰もいません。
まだ出来たばかりのSIMだということもあってか、住人も訪れる人もまだまだ少ないようです。

小樽といえば運河とレンガ倉庫。
運河の脇には遊歩道が完備されていて、絶好のデートスポットになっています。

残念ながら、こんなに素敵なSIMなのに、お店がほとんど入っていません。
住まいをお考えの方、お店用の土地を検討されている方などいらっしゃれば、是非小樽SIMにお立ち寄り下さい。
オーナーさんのブログから、空き情報のリンクを頂いておきました。
発展途上のこのSIMに、大いに期待したいと思います。

ちょびさん、本日はありがとうございました。
また伺わせて頂きますね〜。
以上、レポーターはアイシェでした。

foot 「小樽SIM

foot 「KING OF VINTAGE SOUL BAR HIKARU

(3月4日の日記です)

今日の日記は、ちょっと趣向を変えて、レポーター気取りでやってみたいと思います。
皆さん、こんばんは。
ニセコ在住のアイシェです。

今夜お届けするのは、このブログのタイトルにもなっている「悠々自適SL生活」をまさに行っている人にスポットを当てて、皆さんにご紹介をさせて頂きます。
第一回目の今日は、「Bar Emeraldas」のオーナーであるemeraldas Millsさん(以後、エメラルダスさん)所有の、豪華な別荘と隠れ家をご紹介します。
本人より、写真は掲載しても良いが、場所は伏せて欲しいと頼まれていますので、LM情報は控えさせて頂きます。

まず、素敵な隠れ家からご紹介しましょう。
ここは海がキレイで、一日のんびりと過ごせそうな、そんなリゾートにあります。
やはりこの場所に来る時は、WindLightがオススメ!!

外観は、シンプル且つ機能的な設計。
地下室まで完備された、とてもリッチな住宅です。

海を望むテラスにデッキチェアを並べれば、極上の癒しの一時。
ただ眺めているだけで、まさにその空間に溶け込んだかのような錯覚さえ感じます。

カウンターバーの上にはトロピカルフルーツとカクテル。
それだけでも絵になってしまうのは、この土地の魔法みたいなものなのでしょうか?

さて、続いてはエメラルダスさんの別荘になります。
こちらも場所は伏せさせてもらいますが、高原の爽やかな風を感じる所で、別荘ライフとしては最適な場所ですね。

家は、ニセコ在住のキタロウさんが制作されたものになります。
テクスチャ使いが上手で、とても素敵な家に仕上がっています。

玄関からリビングに入ると、天井も高く広々とした室内を見渡すことが出来ます。
外観はレンガと石の重厚感のあるデザインですが、室内は白と淡いピンクを基調とした女性らしい色合いになっています。

2階の主寝室も広々〜〜〜。
こちらは、白と薄い黄色を基調としていて、明るくフレッシュな雰囲気がありますね〜。

2階のバルコニーも広々設計。
パラソルとイスを置いて、高原の新鮮な空気を味わうことの出来るとてもいい空間です。

ということで、エメラルダスさんの隠れ家と別荘をご紹介させて頂きました。
まさに彼女らしさがいっぱい詰まった、素敵な場所でしたね。
「Bar Emeraldas」では、そんな彼女と生で話すことが出来ますよ(放置してることも多いけど)。
是非、「Bar Emeraldas」に遊びにいらして下さいね。

以上、レポーターはアイシェでした。

foot 「Bar Emeraldas

このページの上部へ

About

このブログの説明などを自由に。
iPhoneなどのスマートフォン向けサイトもあります。スマートフォンでこのページを開くか、URLの最後に i を付けていただけばOKです。

プロフィール

運営している人のプロフィールとか入れたりしても良いんじゃないかな。

サイト内検索

カテゴリ

最近のピクチャ

最近のコメント