桜海老が食べたいsign01というハムの要望から、静岡県の由比に行く事になりました。
事前に由比についてをリサーチしてみたのですが、今の時期は桜海老以外にこれといった見所も無く(由比にお住まいの方、すみませんsweat02)、桜海老を満喫するにしても限界がある事から、車での移動の方が良いという結論に達し、今回はレンタカーを借りて出掛ける事にしました。

途中、富士山の写真撮影スポットで有名な富士川SAに立ち寄り、カメラを構えてはみたのですが、あいにく雲が多くて富士山が殆ど隠れてしまっています。頂上の雪が積もっている部分しか見えません。スッキリと晴れてくれたら良かったのに、残念でしたbearing

120415-1.jpg

気を取り直して、由比へと向かいます。
由比港漁協のホームページにある、浜のかきあげ屋さんに向かいます。
揚げたてサクサクの桜海老。
想像しただけで生唾が出て来ますhappy02

120415-2.jpg

120415-3.jpg

120415-4.jpg

駐車場には桜海老のモニュメントが建ち、入江には沢山の漁船が停泊しています。
そんな傍らに浜のかきあげ屋さんがありました。
既に長蛇の列。皆さん桜海老を求めにあちこちからやって来たんですねぇ。

120415-5.jpg

メニューはこの8品。
私はかき揚丼と桜海老の味噌汁を、ハムは由比どんぶり(桜海老&しらす)と桜海老の味噌汁に桜海老のかきあげ(単品)を頼みました。
かき揚はとっても香ばしく、生桜海老としらすはさっぱりとしていてとても美味しかったです。

120415-6.jpg

120415-7.jpg

桜海老に満足した私達が次に向かうのは伊豆半島sign01
ハムは伊豆半島に行った事が無いというので、ドライブをする事にしました。

由比から沼津を抜けて下田街道を南下していくと、浄蓮の滝があります。
隣では早くも「あまぎぃぃぃぃ~~ごぉ~~~えぇぇぇnote」と熱唱するハム。
私は家族や友人らと伊豆に来る事も多いので、浄蓮の滝の常連ですcoldsweats01

120415-8.jpg

120415-9.jpg

滝を鑑賞した後、その川沿いを歩いていくとわさび棚があります。
清流の水で育ったわさびは、さぞかし風味豊かなものでしょう。

120415-10.jpg

そんなわさびを使ったソフトクリームがあるというので、食べてみる事にしました。
立ち寄った道の駅で、2種類のわさびソフトクリームを発見sign01
ハムは、わさびが生地に練り込んである緑色のソフトクリームを、私は普通のバニラソフトクリームにわさびがトッピングとして添えられているものを食べてみる事にしました。
どちらのソフトクリームもツーンとしたわさびの風味が鼻に抜けて、心地良い辛味がありました。

120415-13.jpg

下田街道をさらに南下してループ橋を通って河津に入り、そこから今度は海沿いを北上。
城ヶ崎海岸に出たので、吊り橋をハムに見せる事にしました。
海の上の吊り橋は、なかなかの高さでスリルを味わえます。
思わずジャンプして吊り橋を揺らしてしまう私でしたhappy02

120415-11.jpg

120415-12.jpg

ここで伊豆半島のドライブも終了。
浄蓮の滝の売店で、ハムが心惹かれてしまった物がありました。
静岡県の特産として有名なわさびのキャラクターわさびちゃんです。
このわさびちゃんが忘れられなかったハムは、後にぬいぐるみを通販で取り寄せていましたhappy01

120415-14.jpg

pc 「由比港漁協

pc 「浄蓮の滝

pc 「城ヶ崎海岸