タグ「桜」の一覧

今年のお花見はどこに行こうか?どこか出掛けたいね。という話から、向かったのは横須賀。
横須賀には行った事がなかったし、軍港巡りもしてみたかったので、今回は私の要望で横須賀になりました。調べてみたらお花見が出来る所もあるようなので、時間があったらお花見もしようという事になりました。
横須賀駅に到着!カレーライスを持ったカモメのスカレーちゃんがお出迎えです。

120408-18.jpg

港の方へ歩いて行くと、艦船が見えて来ました。
私は海の無い県に住んでいるから、こういう光景は珍しく感じます。

120408-1.jpg

120408-2.jpg

春の暖かな陽光と海の香りを感じつつ、ヴェルニー公園を散歩。
実にゆったりとした時間が流れていきます。
公園内にも何本か桜が植えられていて、丁度見頃を迎えていました。

120408-3.jpg

公園内を抜けて軍港巡りのチケット発券所まで行くと、これからすぐの時間帯は既に満席だったので、12時からの便を予約する事にしました。
乗船まで1時間30分程の時間があったので、どぶ板通りを散策してみる事にしました。
どぶ板通りには、スカジャンをはじめとする衣類や雑貨、ハンバーガーショップや夜になれば大変賑わうであろう飲食店が並ぶ商店街になっています。
日曜日の昼頃のせいか、商店は閉まっている所が殆どでちょっと残念でした。

120408-4.jpg

120408-5.jpg

120408-6.jpg

120408-7.jpg

横須賀名物「横須賀ネイビーバーガー」を食べに、どぶ板通りにあるTSUNAMIという店に立ち寄って食べてきました。
日本人用にクォーターサイズも用意がありますが、クォーターサイズの倍はあるであろうレギュラーサイズが一般的なようです。

120408-19.jpg

軍港巡りの時間になり、港の方へ向かう事にしました。
港に着くと、12時の便に乗船する人が沢山並んでいました。
YOKOSUKA軍港巡りは、海上自衛隊の潜水艦や護衛艦、米海軍のイージス艦などを間近で見る事の出来るクルージングです。
日本の艦船とアメリカの艦船は、微妙に色が違うそうで、その国での地平線の色と同じ色にしているそうです。

120408-8.jpg

120408-9.jpg

120408-10.jpg

また今回は、原子力空母「ジョージワシントン」を見る事も出来ました。
映画の世界でしか見た事のないような、空母を目の当たりに見る事が出来て、とても貴重な体験でした。

120408-11.jpg

軍港巡りを終えて時間も余っていたので、桜を見に衣笠山公園へ向かう事にしました。
横須賀中央駅からバスに乗って「衣笠公園」下車。
そこから徒歩で山を登っていき、衣笠山公園に到着。
着いた頃には汗ばんで息も荒くなってしまったけれど、満開の桜の花を見る事が出来たので本当に良かったhappy01
天候にも恵まれ、まさにお花見日和で沢山の人たちが訪れていました。

120408-12.jpg

120408-13.jpg

120408-14.jpg

120408-15.jpg

120408-17.jpg

120408-16.jpg

山頂が公園になっていて、そこから横須賀市街や海が見えて、パノラマ的にも抜群sign01
登ってきた甲斐がありました。
そこでしばらく写真を撮ってのんびりして過ごしました。
お花見客の中にはこんな姿も。

120408-20.jpg

120408-21.jpg

夕暮れ時になってきたので衣笠山公園を後にした私達は、今度は夕飯をどこで食べるか検討開始。
せっかくここまで来たのだから、どこかで美味しい物が食べたい所です。
バスを乗り継いで横須賀駅まで戻り、そこから逗子に出る事にしました。

逗子で食事が出来そうな所を検索して見つけたのが「海鮮食堂 満天」。
洒落た店内で、海鮮のネタも良いしお酒も美味しくて文句無しのお店でした。
また行ってみたいなhappy02

120408-22.jpg

120408-23.jpg

pc 「ここはヨコスカ」(横須賀観光情報)

pc 「全国お花見900景-衣笠山公園

pc 「食べログー海鮮食堂 満天

権現堂堤の桜

毎年桜の季節になると、写真を撮りに出掛けています。
世間が自粛ムードの最中ではありましたが、桜の花を愛でる事で、暗い気持ちから新たな一歩を踏み出す力に変えられたらと思って、今回も撮影に出掛ける事にしました。

場所は、埼玉県幸手市にある「権現堂堤」。
埼玉県では桜の名所と知られ、堤防に約1Kmに渡ってソメイヨシノの木が約1,000本植えられています。堤の下には菜の花が植えられていて、桜と菜の花のコントラストが美しい景観を醸し出しています。

幸手駅から徒歩30分の所に「権現堂堤」があります。
バスは1時間に1本程度なので、歩いて向かう事になりました。
普段運動らしい運動をしていないので、こういう時位は歩かないとねcoldsweats01
途中寄り道しながら「権現堂」に到着。撮影スポットに向かおうと歩いていたら、ハムの仕事仲間と彼女に出会いました。
同じ場所に桜を観に行くと事前に話をしていたそうなのですが、大勢の花見客がいるにも関わらず、偶然出会えた事に驚いてしまいました。少し立ち話をした後、それぞれ撮影場所を求めて別れました。

前日に雨が降っていた事もあって、午前中はあいにくの曇り空。
雲が晴れて日が差したなと思ったら、また曇って・・・という感じの天気だったので、なかなか設定が上手くいきません。スカッとした青空の下であれば良かったのですが、曇り空だと薄いピンクの花弁と空の色が同系色になってしまう事から、桜の花を美しく再現出来ません。それでも、私はカメラを、ハムはビデオカメラをセットして撮影開始。

110410-1.jpg

110410-2.jpg

110410-3.jpg

菜の花の黄色と薄いピンクの桜、モンシロチョウが飛んで、まさに春ですsign03
菜の花の香りが鼻にツーンときてちょっとキツかったけれど、菜の花も桜も丁度見頃を迎えていて、とてもキレイでした。
ここでしばらく撮影。
ハムはU Streamで、この映像を配信していましたが、誰も見てなかった・・・crying
後日、You Tubeの方で映像アップすると思うので、そちらをお楽しみください。

その後、あちこち移動して写真を撮っていたのですが、ソフトフィルターを持ってきていたので、試しに撮ってみることにしました。ほわんとしたやわらかい印象を与えるソフトフィルターを使うと、こんな感じになります。
「何だか、聖子ちゃんっぽい~happy02」と言うと、ハムは「意味わかんねー」とか言ってました。
このフィルターを使う時は、背景は濃い方が効果としてハッキリ出るそうです。

110410-4.jpg

110410-6.jpg

110410-5.jpg

こちらはフィルターを使わずに撮影したもの。
状況に応じた使い分けをした方が良い感じですね。

帰りも30分掛けて駅まで戻り、遅めの昼食を取りました。
とても素敵な春の一日になりました。

(追記)
ハムが撮影した映像を、簡易編集してYou Tubeにアップしてくれました。
よろしければ、こちらでもお楽しみください。

pc 幸手市観光協会

「エビスビール記念館に行きたいbeer!」というハムの要望に答えて、今日は恵比寿周辺に出掛けることになりました。

その前に、今年は桜の花を撮っていなかったので、恵比寿ガーデンプレイスに程近い、「国立科学博物館附属 自然教育園」に行ってみることにしました。春風の中、木々の覆い茂る教育園を散策しながら、都会のど真ん中に、こんな自然豊かな場所があったんだなと初めて気づきました。

100410-2

100410-3

100410-4

すでに見頃を迎えた桜の花は、とてもキレイに咲き誇り、散った花びらが池の水面を揺らしています。
桜の花以外にも、沢山の木々や花々、鳥たちのさえずりを堪能することが出来る、まさに都会の中のオアシスといった雰囲気です。

100410-1
↑ イチリンソウ

100410-6
↑ ヤマブキ

100410-5
↑ モミジ

教育園を後にした私たちは、今回のメインである「エビスビール記念館」へと向かうことにしました。
自然教育園から徒歩で向かっても、時間的にはそんなにかからず行くことは出来ましたが、慣れない道を進んで行くので、若干の不安はありました。iPhoneを取り出し、Google Mapで位置情報と合わせながら目的地まで向かう。
私たちならではの発想で、記念館まで辿り着く事が出来ました。

100410-7

100410-8

100410-20

100410-9

入り口から入ると、大きな階段の下に広がるYEBISU空間。
ビールの仕込釜が品よく出迎えてくれました。
喉がカラカラの私たちは、展示物を見る以前に喉を潤したい!
ビールを求めてテイスティングサロンへと駆け込みました。

テイスティングサロンでは、記念館を見学しなくてもYEBISUビールを飲む事が出来ます。
販売機にお金を入れると、YEBISUコインが出てきて、このコインでビールや軽食を頂く事が出来るようになっています(1コインは400円相当)。
ビールは4種(エビスビール、エビス<ザ・ブラック>、琥珀エビス、エビス スタウト クリーミートップ)、軽食には炭火、塩、てりやき風の鶏肉の他、油で揚げないポテトチップスなどがあって、お腹も満たす事が出来ます。

100410-13

100410-10

100410-11
↑ ハム撮影

100410-12
↑ ハム撮影

100410-14
↑ ハム撮影

100410-15
↑ ハム撮影

全種類のビールを堪能した私たち。
いい感じでのほろ酔い状態。
お酒が入ったことで、少し気が大きくなってしまい、ビールを注ぐカウンターの写真を撮らせて頂きました。
店員さんには「(写真で)商売をされてる方ですか?」と聞かれたので、「いや?趣味です。」と答える私。
プログに載せたいからと伝えたところ、口コミが一番なんだと、その店員さんは言ってました。

100410-16
↑ ハム撮影

100410-17
↑ ハム撮影

yebisu1
↑ 4種のビールのコースター(表)

yebisu2
↑ 4種のビールのコースター(裏)

テイスティングを終えた私たち(テイスティング以上だったと思うが)、せっかく記念館に来たのですから、展示物を見て帰らない訳には行きません。
エビスビールの歴史やラベルデザインの変遷、昔懐かしいポスターや看板などがあって、なかなか楽しめます。
そんな中、見つけたのがこれ。

100410-19

100410-18

上の写真と下の写真を見比べて見てください。
下の写真のラベルは、ラッキーエビスと言われるもので、ラベルに描かれた恵比寿さんの持つ魚篭の中に、鯛の尻尾が描かれている数百本に1本しか存在しないものだそうです。
1匹よりも2匹、これこそラッキーエビスと呼ぶにふさわしいラベルですよね。
ビールの名前が街や駅の名前になったというエビスビール、その奥深い味わいに大満足の私たちでした。

都会の夜も更けてきて、美味しいビールを飲んだ後は、しっとりと落ち着いたバーで、今宵の時間を楽しみます。
向かった先はウエスティンホテルのスカイラウンジ「Compass Rose」。
都会の夜景を眺めながらのお酒は格別です。
ドライフルーツを肴に、ハムはジョニ黒(ジョーニーウォーカー黒)をロックで、私はスプモーニとマイタイを飲んで来ました。

100410-21
↑ ハム撮影(三脚なし)

100410-22
↑ ハム撮影(三脚なし)

100410-23
↑ ハム撮影(三脚なし)

100410-24
↑ ハム撮影

ここで大人な時間を過ごした私たちは、その後池袋へ移動し、今夜の締めの一杯という事で、ハムお勧めのラーメン店「山岡屋」さんへ向かいました。途中、駅前でマジックを繰り広げる若い青年に出会いました。
トランプやロープといったお馴染みのマジックをテンポ良く見せてくれるのですが、腕もなかなかいいし人気出るんじゃないかな?

ハムとの話の中で何度となく出てきた「山岡屋」のラーメン。
店内がとんこつ臭いよと言われていましたが、思った程でもなく、とても美味しかったです。
やっぱりお酒の後は、ラーメンnoodleだよねw

新河岸川桜まつり

2月に川越散策をした時に貰った地図に、桜の名所と書かれてあった所があったので、行ってみることにしました。
場所は、川越市北東部を流れる新河岸川。
地図上では、川越氷川神社のあたりが桜の名所とされていたので、まずはそこを目指すことにしました。

川岸に着くと、「新河岸川桜まつり会場」と書かれた看板が置いてあり、屋台や敷物を広げてお花見をしている人たちで賑わっています。
川幅は広くはありませんが、ゆったりと流れていて、和舟に乗って川から桜を眺めることが出来ます。
これまた風情のある情景に、カメラのシャッターを押さずにはいられません。

090404-1

090404-2

撮りたい構図があっても、なかなか思うように撮れない私のために、ハムが親切に指導してくれました。
さすが、商売にしていただけあって、ハムが撮影した写真は、どれもプロっぽい。
くやしいけれど、頑張って撮影した写真たちを日記に載せることにしました。

090404-3

090404-5

090404-4

桜の花も丁度見頃を迎え、ハラハラと舞い落ちる花びらが、川の水面を揺らしていました。
この時期、桜の名所はどこも混雑していますが、ここはその中でも意外と穴場かもしれません。
また来年も訪れてみたいと思います。

pc 小江戸川越観光協会

このページの上部へ

About

「ハム&アイの悠々閑々RL生活」は、Hamusuke & AyseのRL日常を綴ったブログです。
iPhoneなどのスマートフォン向けサイトもあります。スマートフォンでこのページを開くか、URLの最後に i を付けていただけばOKです。

プロフィール

Name : Ayse
Partner : Hamusuke

サイト内検索

最近のコメント

Powered by Movable Type 6.2.4