6月も半ばを過ぎて、紫陽花が見頃を迎えたのをきっかけに、鎌倉・江ノ島方面に遊びに出掛けることになりました。
朝方6時には自宅最寄駅を出発。
相変わらず遅刻をしたハムを待って、北鎌倉に向かいました。

090620-1

090620-2

090620-3

朝もまだ早いのに、駅周辺には観光客がいます。
天気も良くて行動はしやすかったけれど、紫陽花を鑑賞するのであれば、もう少し曇っていた方が良かったかな?
むしろ汗ばむ位に暑い一日になりました。

最初に訪れたのは、明月院。
境内に多くの紫陽花が植えられていて、通称"アジサイ寺"と呼ばれています。

090620-4

090620-5

090620-6

本堂には円窓があって、庭園を眺めながらお茶を頂くことが出来ます。
雑誌やWebサイトでよく見かける円窓を見てみたかったので、入ってみることにしました。
次から次へと人が入ってくる状況だったので、雰囲気の良い写真を撮ることは出来なかったけれど、とても落ちつける空間でした。
これぞ、わびさびですね。

090620-7

090620-8

本堂へと上がる総門から山門までの階段脇の紫陽花は見事。
総門側から山門を見上げるようにして写真に収めると良い構図です。

090620-9

090620-10

明月院を後にした私たちは、北鎌倉から鎌倉へ移動。
鎌倉で下車ついでに、鎌倉中央食品市場に立ち寄りました。
ただの市場なのに、何故かオシャレ。
地元のスーパーでは見かけないような食材も沢山ありました。

090620-11

090620-13

090620-14

鎌倉から今度は江ノ電に乗ります。
電車好きのハムは、江ノ電に乗れることが、今回最大の喜びです。
江ノ電に乗る段階で、既に長打の列。
めちゃくちゃ混んでます。
慌てても仕方がないので、次の電車が来るまで待つことにしました。

ベンチで待っている時に目の中に入ったのは鎌倉コロッケ。
美味しいと聞いていたので、買ってみることにしました。

090620-12

090620-15

確かに美味しいhappy01
美味しい物を食べると、本当幸せになります。
コロッケで小腹を満たした私たちは、いざ江ノ電へ。

090620-16

激混みの車内は、まるで通勤ラッシュのよう。
次の目的地、長谷駅に到着して、ほっと一息です。

090620-36

長谷駅から徒歩5分の所にある長谷寺も、紫陽花で大変有名な所。
観光バスも乗り付けて、大勢の観光客で賑わっていました。

090620-17

090620-18

090620-19

090620-20

回遊式の庭園には、花菖蒲やキキョウといった季節の草花が手入れ良く植えられていて、それを鑑賞するだけでも十分満足ですが、今回の目的は紫陽花を鑑賞すること。
どこに紫陽花が植えられているのかと思ったら、紫陽花が植えられているのは、上境内の方にあるようです。
しかも、紫陽花を鑑賞するための入山制限までしている始末sweat01
入山券に記載されている番号順に、入ることが出来ます。

090620-23

090620-22

090620-24

人が沢山いて、真夏のような暑さの中、ヘトヘトだったけれど、そんな私たちの心を和ませてくれたのが、このお地蔵様。
ほんわかとしたお顔のお地蔵様に、心が洗われるようでした。

090620-21

紫陽花の小路を進んで行くと、山の斜面には沢山の紫陽花。
2500株もの紫陽花が植えられているそうです。
歩いていたら、またあのお地蔵様がいました。

090620-25

090620-26

決して険しくはない山道ですが、なんだかお地蔵様が応援してくれてるみたい。
なんだか優しい気持ちになります。
紫陽花の花の隙間から、鎌倉の街並みと海が見えました。

090620-27

090620-28

最後にこれまで見たお地蔵様よりも大きなお地蔵様が、まるで「お疲れ様」とでも言うかのように、笑顔で迎えてくれました。
このお地蔵様は和み地蔵というそうです。

090620-29

長谷寺を後にした私たちは、江ノ電に乗って次の目的地に行く予定にしていましたが、鎌倉の大仏が近くにあるということで、急遽予定変更。
昼食を済ませた後、大仏見学に行くことになりました。

090620-30

090620-31

090620-32

鎌倉の大仏は、これまで見たような見ていないような・・・そんな記憶しかなかったので、改めてこうして見学が出来て良かったです。
大仏の背中には、扉がついていて、まるで羽が生えているようでした。

鎌倉大仏の後は、私が個人的に見てみたかったスポット。
御霊神社脇の線路から見る江ノ電と紫陽花に行くことにしました。
あまり有名でないスポットだと思っていたのに、意外と人がいたことに驚きました。
「鎌倉 江ノ電 紫陽花」をキーワードに、ネットで情報収集していた時にたまたま見つけた所だったのですが、同じ考えの人もいるものですね。

090620-33

090620-34

090620-35

線路脇に人がズラズラと並び、皆カメラを持って江ノ電を待ち構えます。
紫陽花と江ノ電を入れた構図を撮るのに、とても苦労したけれど、なんとか撮影。
意外と江ノ電のスピードが早いので、あっという間に通り過ぎて行ってしまいます。
今の時期しか撮れないこの構図を求め、各地から集まってきた人たちと、その一瞬を共有する。
なんだか面白いですね。

紫陽花と江ノ電(後編)に続く。

pc 明月院

pc 長谷寺

pc 鎌倉大仏

pc 御霊神社

新河岸川桜まつり

2月に川越散策をした時に貰った地図に、桜の名所と書かれてあった所があったので、行ってみることにしました。
場所は、川越市北東部を流れる新河岸川。
地図上では、川越氷川神社のあたりが桜の名所とされていたので、まずはそこを目指すことにしました。

川岸に着くと、「新河岸川桜まつり会場」と書かれた看板が置いてあり、屋台や敷物を広げてお花見をしている人たちで賑わっています。
川幅は広くはありませんが、ゆったりと流れていて、和舟に乗って川から桜を眺めることが出来ます。
これまた風情のある情景に、カメラのシャッターを押さずにはいられません。

090404-1

090404-2

撮りたい構図があっても、なかなか思うように撮れない私のために、ハムが親切に指導してくれました。
さすが、商売にしていただけあって、ハムが撮影した写真は、どれもプロっぽい。
くやしいけれど、頑張って撮影した写真たちを日記に載せることにしました。

090404-3

090404-5

090404-4

桜の花も丁度見頃を迎え、ハラハラと舞い落ちる花びらが、川の水面を揺らしていました。
この時期、桜の名所はどこも混雑していますが、ここはその中でも意外と穴場かもしれません。
また来年も訪れてみたいと思います。

pc 小江戸川越観光協会

小雨の降る中、日本科学未来館(東京都江東区) で開催されていた「T展」に行ってきました。
正直、私は「ターミネーター」は1作目しか観たことがありませんsweat01
こんなんだけど、大丈夫かな??

090325-1

ゆりかもめで「テレコムセンター」に到着。
未来館へと続く道で、今年初めての桜を見ました。

090325-10

日本科学未来館に到着。
近代的で「未来館」と呼ぶにふさわしい建物ですね。

090325-2

早速「T展」の会場内に入ると、いましたーw
シュワちゃん!!(作り物ですが)

090325-3

090325-4

「T-800」だとか「T-600」だとか言われても、ピンと来ない・・・
映画を観て勉強しなくちゃ。

090325-5

あれ?女性もロボット?
「TX」とか「T-SCC CAMERON」と書かれてあります・・・。
詳しくないので、聞かないでくださーいsweat02

090325-6

こっちは戦車型のロボット「T-100」というそうです。
古びた感じがよく表現されているな?。

090325-7

わ!人間かと思ったら、これもロボット。
皮膚の感じとか、本当の人間みたいでしたよ。

090325-8

「ターミネーター4」に出てくるらしい「T-600」というもの。
ピカピカの骨格じゃなくて、錆びた感じが風格あります。

090325-9

最後に、「未来館」のシンボル。
Geo-Cosmosを写真に収めて、帰ってきました。

pc 「日本科学未来館

pc 「T展 公式サイト

小江戸川越探訪

どこかに出掛けたいね~という話から、川越散策に出掛ける事になりました。
電車に乗って川越に向かう途中で、ハムの携帯にメールが。

090214-1

誰かと思ったら、Toraさん。
近くまで来ているんだけど会わないか?という内容でした。
私たちは川越に向かっている電車の中。
良かったら一緒に川越散策しませんかと声を掛け、川越駅で合流することになりました。

川越駅でToraさん・Kちゃんと合流し、みんなで小江戸号というバスに乗って、蔵づくりの街並みと言われる「時の鐘」や蔵づくりの建物が立ち並ぶ通り「一番街」へ向かいます。

090214-2

090214-3

川越のシンボルともいえる「時の鐘」。
蔵づくりの街並みの中に、にょきっと伸びるやぐら。
なかなかの風情です。

札の辻交差点付近には、菓子屋横丁という昔ながらのお菓子屋さん(駄菓子屋さん)が軒を連ねています。
早速、私たちもお店に入ってみることにしました。

090214-4

090214-5

こういうお店に入ると、ついつい買ってしまいたくなるもの。
それぞれがトレイの中に好きな駄菓子を集めつつ、レジに並びました。

ハムは、この時とばかりに大人買い。
しかも手には「モロッコフルーツヨーグル」を箱で持ってます。
「一度でいいから、やってみたかった。」というハムに、一同大笑い。
店先で、袋から取り出した駄菓子を食べながら、風情を味わうのもまた一興。

090214-6

帰り道の方へ歩を進める為、来た道を戻りながら、大正浪漫夢通りの方へ歩いてきました。
このあたりは、蔵づくりの街並みとはまた違った印象。
大正浪漫と呼ぶのにふさわしい、ちょっとレトロな雰囲気があります。

090214-7

090214-9

090214-8

これまたレトロな雰囲気の喫茶店に入って休憩。
私たちのテーブルには、レトロなレジが乗っていました。
もちろん飾り物ですがw

気がつけば、外は既に暗くなっていて、オレンジ色の明かりが街並みを照らしていました。
ぶらりと川越散策。
またゆっくり来てみたいものです。

090214-10

pc 小江戸川越観光協会

pc 川越散策に行こう!!

浅草で会いましょう

SL仲間であるmisaさんが、東京に遊びに来る事になりました。
せっかくなので会おうという事になり、Tsukiyoさん・ハム・私の4人が浅草に集結sign01

久しぶりの浅草。
しかも今回はSL仲間の中では初対面のmisaさんと一緒です。
ちょっぴり緊張しながらも、待ち合わせの場所まで早足で向かいます。
・・・というのも、浅草に向かう前にハムと待ち合わせをしていたにも関わらず、ハムは遅刻。
「先に行ってて・・・sweat01」だって。

浅草駅に着いて、出口の階段を上がったところに、misaさんらしき人を発見。
声を掛けてみる。
よかった~misaさんでした。
ハムが遅れていることを話し、しばらく待っているとTsukiyoさん到着。
Tsukiyoさんとは、オフ会以来となります。

しばらく3人でハムを待つ。
あ!電話だ。
出口の場所を電話で説明し、やっとハムが到着しました。

まずは腹ごしらえということで、「三定」で天丼を食べることにしました。
ここの天丼は有名ですよね。
昼前でしたが、行列して並んでいました。

081026-1

みんなで食事をしながらのSLやRLの話をして盛り上がります。
次に向かうのは、浅草寺。
浅草に来て、ここに立ち寄らない訳には行きません。
天気は曇り空でしたが、人通りも多く賑わっていました。

081026-2

仲見世をそぞろ歩き、迷子にならないように、前に進みます。
人、人、人・・・人ごみが嫌いな私には、ちょっと厳しいものがありました。

081026-3

081026-4

浅草寺を抜けた私たちは、次に「花やしき」に立ち寄ることにしました。
「花やしき」もしばらくぶりに来ます。
11枚綴りの回数券を片手に、いくつかのアトラクションを楽しんで来ました。

081026-5

園内には、様々なコスチュームを来た人たちがいて、写真を撮り合っています。
これも日本文化のひとつなんだな~と、改めて実感。

「花やしき」を出た私たちは、秋葉原へ移動することにしました。
misaさんが東京にいる友人と会う事になり、それまで電気街をうろうろしたり、お茶を飲んだりして過ごしました。
misaさんのお友達が来たので、これにて解散。

misaさん・Tsukiyoさん、とても楽しかったです。
また是非お会いしましょう。

pc 三定

pc 浅草寺

pc 花やしき

このページの上部へ

About

「ハム&アイの悠々閑々RL生活」は、Hamusuke & AyseのRL日常を綴ったブログです。
iPhoneなどのスマートフォン向けサイトもあります。スマートフォンでこのページを開くか、URLの最後に i を付けていただけばOKです。

プロフィール

Name : Ayse
Partner : Hamusuke

サイト内検索

最近のコメント

Powered by Movable Type 5.2.9