私は、TVはほとんど観ない方なので、最近流行っている事やトレンディドラマには、全く疎い方なんです。
だけど、DVD化された映画やドラマを観るのは大好き。
気に入った作品は、自らDVDを購入したり、レンタルビデオ屋さんで借りることもあります。
最近のレンタルビデオ屋さんでは、自宅に居ながらにしてDVDを借りることが出来るようになって、本当に便利な世の中になりました。

そんなレンタルビデオ屋さんのホームページから、このタイトルを見つけた瞬間、懐かしくなってしまい、ついつい借りてしまいました。
「大草原の小さな家」ご存知の方はいるでしょうか?
知らない方のために、ちょっとおさらい。

=========================================================

大草原の小さな家(だいそうげんのちいさないえ、原題:Little house on the Prairie)はNHK総合テレビで1975年から1982年まで毎週土曜の18時台に放映されたドラマ(その後も数回に渡って再放送が繰り返し行われた)。NBC製作(1974年 - 1982年)。日本語版の台詞の翻訳は森みさ。
原作はローラ・インガルス・ワイルダー(1867年2月7日-1957年2月10日)による一連の半自叙伝的小説シリーズ。原作シリーズは『大きな森の小さな家(Little House in the Big Woods)』に始まり全9作を数えるが、テレビシリーズでは第3作の『大草原の小さな家(Little House on the Prairie)』以降を描いている。西部開拓時代のアメリカを舞台にしており、インガルス一家はウィスコンシン州―オクラホマ州―ミネソタ州―サウスダコタ州と移り住む。ローラが生まれたウィスコンシン州を後にオクラホマ州へ移り、その後ミネソタ州へ向けて旅立つまでの話がまず2時間のパイロット版として制作され、続いてミネソタ州のウォルナットグローブという町を主な舞台とした連続ドラマが、9シーズンに渡り制作された。【Wikipediaより引用

=========================================================

ローラとその家族が織り成す愛情溢れた作品です。
もうすぐで1シーズンを観終えるところですが、次のシーズンも予約中。