韓国旅行の2日目は、私たちにしては早起きをしてスタート。
8時30分頃ホテルを出発して、宗廟に向かう事にしました。
昨晩の寒さがまだ続いていて、やはり顔がピリピリします。
ハムがネックウォーマーを貸してくれて、帽子代わりに被る事にしました。

途中立ち寄ったスターバックスコーヒーで、コーヒーを注文したのですが、通じない・・・。
韓国ではコーヒーの事を「コピ」というらしいんだけれど、ハムが「コピ」と言ったら、何とか通じましたcoldsweats01

宗廟に着いたのは良いのですが、宗廟では日本人ガイドが一緒でないと中に入れませんでした。
私たちが到着した時間からまだ40~50分待たなくてはならなかった事から、宗廟は諦める事に。。。残念っcrying

img006.jpg

img007.jpg

img008.jpg
月南李商在先生像

宗廟の脇道からそのまま昌徳宮に向けて歩く事にしました。
途中、友人から話に聞いていた幸福の鳥「カチ」を何羽も発見sign01
シャクシャクシャク・・・と鳴くんですね。

いかにも昔の韓国の家といった風情のある建物の中に近代的な建物があったりと、不思議な街並みの中を散策。
昌徳宮の近くの遊歩道では、何故かトレーニングマシーンが置いてある。
確かに利にかなった場所に置いてはあるけれど、日本には無い光景ですよね。

img009.jpg

img010.jpg

img011.jpg

昌徳宮に到着sign01
さすがに観光スポットだけあって、各国から訪れた観光客で賑わっていました。
チケットを買う私、思いきり日本語で「大人2枚!」と言ってチケットを貰い、最後は「Thank You」と英語で言いましたhappy01

img012.jpg

img013.jpg

img014.jpg

昌徳宮の中はとても広い。
韓国ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」のロケ地としても有名な所ですが、一日で巡るには時間が無いので、追加料金の掛かる庭園の方は今回はやめておきました。
入口の所に立て掛けてあった看板に、「昌徳宮ストーリー」というiPhoneアプリがある事を発見sign01
宮内を日本語で案内してくれるアプリという事でダウンロードしようと思ったのですが、通信回線の問題でダウンロードする事が出来なくて断念weep

img015.jpg

img016.jpg

img017.jpg

img018.jpg

img019.jpg

仁政殿(王の即位式、臣下の朝礼式、外国使臣の接見などが行われた場所)

仁政殿は、即位式に使用される建物だけあって、荘厳で品格ある佇まいの建物です。

img020.jpg

img021.jpg
宣政門(王様の執務室)

img023.jpg

img024.jpg

img026.jpg

img027.jpg

img028.jpg

石、レンガ、木を上手に組み合わせてるし、細かい所まで装飾されていて感心しました。
ここでも幸福の鳥「カチ」を見ました。

昌徳宮を後にした私たちは、私が今回の韓国旅行で一番行きたかった所「土俗村」に行く事にしました。ガイドブックに必ずと言って良い程、必ず載ってる「土俗村(トソクチョン)」は参鶏湯で有名なお店です。
寒い時には鍋物や温かい料理が一番ですよねhappy01

景福宮駅から歩いて店に向かうと、店の前では長蛇の列。
うわーやっぱり人気店だけあって、これは覚悟しなければなりません。
慌てて並んでみたけれど、意外や意外スムーズに動きだしました。
5分も待たずに店内に入れたので、本当にラッキーでした。
私たちが座った席は、オンドル(床下暖房設備)で床が温められている部屋だったので、とても温かい。足がしびれてしまったけれど、これも貴重な体験でした。

img029.jpg

まずはキムチを頂きます!
うん、美味しいhappy01
そして間もなく参鶏湯の登場sign01

img030.jpg

濃厚な鶏の出汁を想像していたのですが、意外とさっぱり。
鶏のエキスと朝鮮人参の風味が効いた体に良さそうな味わいでした。
塩味が足りない場合は、塩を足す事が出来ます。
昨日に引き続き今日も鶏だったので、これで当分は鶏肉を食べなくても良さそう、そう思っていたら、お隣に座っていた日本人夫婦の方からお裾わけと鶏のグリルを半身頂きましたhappy02
鶏のグリルもとても美味しかったです。

img031.jpg

お腹いっぱいになった私たちの次の行程は、北村散策です。
韓国の昔ながらの家々が建ち並ぶ韓屋村で、写真スポットを探して歩く事にしました。
安国駅から道なりに歩いて行くと、韓国の伝統的な家々が見えて来ます。
途中で北村文化センターに立ち寄り、北村韓屋村の歴史を見て、また歩を進めました。
やや勾配のきつい坂を上がると、韓国ドラマ「冬のソナタ」のロケ地に使われた学校が見えて来ました。一時程のブームは去ったようで、人もまばらにいる程度でした。

img032.jpg

img033.jpg

img034.jpg

img035.jpg

学校を後にし、韓屋村らしい風景写真を撮ろうとあちこち歩いてはみたのですが、なかかな良い写真スポットが見つかりません。
ある所にはあると思うのですが、探し方がいけなかったのでしょうか?
それでもたまに見る伝統的な家屋は、素晴らしいものでした。

img036.jpg

img037.jpg

お風呂屋さんですよね?
男女別に別れているし、レトロな雰囲気を感じました。
通りをいくつか歩いて、坂を登ったり下ったり、急な階段を下りたりしたら、いつのまにか景福宮のある通りまで出てきてしまいました。
これ以上は難しいと判断して、北村散策を終えた私たちは、次にハングル文字を作ったと言われる世宗大王像を見に行く事にしました。

img038.jpg

かなり大きい像です。
像の背後には景福宮、そのまた背後には山がそびえていて、韓国という国の壮大さを感じる事が出来ます。写真を撮ろうとしていたら、カメラを渡されて写真を撮って欲しいと子供たちから頼まれました。
中国人かな?

ハムは韓国で眼鏡を買いたいと言っていたので、明洞の眼鏡屋さんに行ってみる事にしました。
仁川空港からホテルへ行くバスの中でガイドさんから手渡されたクーポンがあったので、その中からカナ眼鏡店に行ってみることにしました。

カナ眼鏡店に入ると、まず日本人かと聞かれました。
「日本人です。」と言うと、奥のカウンターに案内されて、「私があなたに似合う眼鏡を探してあげます。」と言っていくつかの眼鏡を出してきました。
ハムだけのつもりでしたが、私も見立ててもらい、掛けてはお互いに「どう?」と確認し合って、結局私も買う事になりました。
だけど意外や意外、眼鏡は日本で買う位の値段で、高いな~と思ったのも正直な所です。
クーポンを使ってもZOFFで買うのと同じ位の値段、いやそれ以上の値段になっていたかもしれません。だけど、形状記憶のフレームで、旅行の記念にもなるしという想いで、購入する事にしました。

カナ眼鏡店を出た私たちは、明洞で食事をする事にしました。
本当はスンドゥブチゲなどのスープ類を食べたいなと思っていたのですが、店もよくわからないので、たまたま見つけた韓定食のお店に入る事にしました。
メニューには、ご飯とスープがついていくらと書いてあるのですが、それも思ったよりも高い。
明洞は他の地域に比べて物価が高いと聞いていましたが、日本と変わらない位の料金設定。
メニューを見てハムも同じように思ったのでしょう。
やっぱり他の店に行こうと店を出ようとしたのですが、店員さんも片言の日本語で応対。
疲れていたのもあったので、結局そのまま韓定食のお店で食事をする事にしました。

が・・・高いと思った私たちの予想に反して、出てきた料理は全部で26品目sign01
あーこういう事だったのね。
いろいろな種類のおかずが沢山出てくる韓定食を初めて見た私たちは、お皿が並べられて行く様をただ口を開けて眺めていました。
料金設定に納得のいった私たちは、気を取り直してテーブルに並んだお皿を写真に収め、初めての韓定食を頂きましたhappy01

img039.jpg

最後にソウル駅近くにあるロッテマートへ買物に出掛けました。
お土産物を買うのには持ってこいの所です。
日本のスーパー同様、試食したり試飲をしたりして、のんびりと買物を楽しみました。

こうして2日目の夜は更けて行きましたが、さすがにこの日は二人ともダウン。
一日沢山歩いたので、そのまま爆睡したのでしたthinksleepyconfident

(韓国旅行3日目に続く)