2011年10月のエントリー 一覧

会社の同僚から勧められて、従姉妹と一緒に「地酒祭り秋の陣2011」に行って来ました~happy02
NPO法人FBO(料飲専門家団体連合会)主催の地酒祭りは、日本全国の酒造メーカーが一同に会す凄いイベントです。今回初めて参加したのですが、銘酒を味わう人たちで会場は大変な賑わいをみせていました。

普段私は蒸留酒を好んで飲む方ですが、ここ数日は日本酒を飲む機会が増えていて、前日も接待で日本酒を頂いていた所でした。私の従姉妹である里沙ちゃんもお酒は結構いける口sign01
やっぱりこういうイベントは、お酒が好きでないとなかなか行けないですよね~happy01
ハムも行きたがっていましたが、仕事の都合で時間が取れず不参加。
だけど、後で合流する事にしていました。

111022-1.jpg

会場に入ると、まずMy猪口を頂きます。
いろんな種類のお猪口がありましたが、私は無難にこちらにしました。
利き酒をする時に使用するタイプのお猪口ですね。

その他受付で頂いたのは、酒の肴弁当の引換券とおつまみ用のチケット、記念バッジを頂きました。空腹で飲むのは危険だし、手が塞がっていると不便なので、まずはお弁当を食べる事にしました。お弁当と言っても酒の肴にちょこっと食べる程度の物でしたが、それとは別に4枚綴りのチケットを使って、いろんなおつまみを頂く事が出来ます。
魚のあら汁やいなり寿司などもあって、それなりにお腹も膨れます。

お腹を満たした所で各コーナーを回ってみる事にしました。
残念ながら、日本酒の深い知識もなく、多少の二日酔い気味でもあった為、率先して飲みまくるという事はしませんでしたが、いくつかのコーナーに立ち寄っては、お酒を頂いて来ました。
うーん、美味しいlovely

焼酎コーナーもあったので、私は途中で焼酎に浮気をしましたが、あちこちのお酒を飲んだので、ほんのり紅色ほっぺになりました。会場内にあったコンテチーズというのが、とても美味しかったので、お替りsign01日本酒や焼酎にもチーズって合うんですね。

里沙ちゃんも私も少し酔っ払って来てしまったので、早めではありましたが会場を出る事にしました。来年も是非とも参加したいと思います。
里沙ちゃんとカフェでお茶を飲んで別れた後、ハムと合流しましたhappy01

会うなり行きたい所があると言います。
向かった先は、お江戸日本橋sign01


111022-2.jpg

111022-3.jpg

111022-4.jpg

道路元標を見に行きたいという何ともハムらしい場所を指定。
会社のすぐ側ではあるけれど、わざわざ立ち寄る事もなかった場所。
興味がなかったら、わざわざ足を止める事もないですよね。
だけどハムのお陰で、こうして見る事が出来ました。

111022-5.jpg

この高速道路の真下に元標があるらしいのですが・・・真下は片側2車線の道路。
車の往来も多いので、写真を撮りに行く事が出来ません。
私は歩道側にあるレプリカで我慢したのですが、ハムは車が通っていない時を見計らって、撮りに行ってしまいましたwobbly

111022-6.jpg

111022-7.jpg

111022-9.jpg

ここから大阪まで550Km、鹿児島までは1,469Km、札幌までは1,156Km。
ハムは撮影した元標を自慢げに見せてくれました。
こちらは、東京市道路元標。
奥に見えるのが、三越本店(新館)になりまーす。

111022-8.jpg

次に私たちが向かったのは、COREDO室町。
ここに、にんべんの本店があって、ここでは鰹出汁を飲ませてくれるだし場というものがあります。ただの出汁ではありますが、鰹の風味がよく出たお出汁に、岩塩などを適量入れて飲むというスタイルで、結構賑わっていました。あるのは知っていましたが、これまたわざわざ行くというチャンスに恵まれず、今回初めて立ち寄る事にしたのです。

111022-11.jpg

111022-10.jpg

品のある鰹の風味が口から鼻に抜けて、一口飲むごとにほっとする。
まさに日本の味ですね。
だし場を後にした私たちは、そのまま神田方面へ向かいました。
神田の居酒屋で軽く飲んだ後は、締めの一杯sign01今日は、麺屋武蔵 神山のつけ麺を頂きま~す。
余分な脂を落としてからタレにつけ、焼きあげた、やわらかくて香ばしいチャーシューが乗ったつけ麺です。

111022-12.jpg

今日は、飲んで食べて日本fujiをたっぷり味わった一日になりました。

pc 日本道路元標識

pc にんべん本店

pc 麺屋武蔵 神山

今日はハムの粋な計らいで、到着するまでどこに行くのかわからないツアーを決行する事になりました。待ち合わせた駅で合流し、電車に乗り継いで向かった先は国際展示場駅。
展示会なのかと聞いたら違うと言います。
ハムが言うには、私が大好きな所だと言います。
はて?展示場以外にここには何があったでしょうか?
駅の高架から下りて向かった先には、こんな会場がありました。

111016-001.jpg

「まんパク」と書かれてあって、ブタのキャラクターが美味しそうにおにぎりを食べています。
そこでピンflairと来ました。
満腹博覧会sign01つまり、食べ物が沢山ある所だsign01
(ってハムさん、ダイエットをしなくてはいけない身である私を、こんな所に連れて来ていいんですかい??)と心の中で思ったものの、そこはハムに気を遣って、言うのは留めておきましたcoldsweats01

来たからには美味しい物を食べなくては!
入口から会場内に入ると、大きなブタのキャラクター「ぽぅ」が出迎えてくれました。

111016-002.jpg 111016-003.jpg

丁度この日は、既に秋から冬に向かう季節にも関わらず、日差しが強くて暑いcoldsweats02sun
汗をかきながらも、大勢の人たちがいる出店屋台を見て回りました。
丼、餃子、ハンバーガー、カレー、スイーツ、ラーメン、ワールドというブースに分かれた出店の中、外れた所にご当地というブースがありました。そこは日本のご当地屋台が並ぶブースで、様々なグルメが並んでいます。私もハムもなかなか食べれない物を食べる方が良かったので、まずはここで落ち着く事にしました。

それぞれが食べたい物をチョイス。
まず二人とも目が行ったのは、こちら。

111016-004.jpg

111016-005.jpg

かに船(福島)のウニの貝焼きです。
熱した石の上で、ハマグリの貝を皿代わりにウニが焼かれています。
即決で購入する事にした私たち。
まずは、オリオンビールbeerとウニの貝焼きで乾杯ですsign01
ハムは沖縄そばが食べたいと、MARINE(沖縄)で沖縄そばを買って来ました。

111016-006.jpg

111016-007.jpg

次に私が目を引いたのは、名古屋藤吉郞(名古屋)の味噌カツと天むす。
ご飯物が食べたかったのでこれにしました。
それから小樽飯櫃(北海道)のタコザンギ、タラバガニしゅうまい、行者にんにくまんじゅうセットもお買い上げ。
私が買っている間にハムは五浦ハム(茨城)でハム焼と豚ドッグを買って来ました。

111016-008.jpg

111016-009.jpg

111016-010.jpg

2杯目はキリン一番搾りで乾杯beer
この段階で既にお腹いっぱい。
どれも美味しかったけれど、私の中での一番のお気に入りは、たこザンギでしたhappy02

デザートは別腹とはよく言ったもので、こんなに暑いと冷たい物が食べたくなった私。
TIC(ディッピンドッツ・アイスクリーム)を食べる事にしました。
粒状のカラフルなアイスクリームは、-40℃の超低温。
ハムはレインボー味を、私はソーダ味を食べる事にしました。

111016-011.jpg

111016-012.jpg

不思議な食感のアイス。
唇にくっついたら大変な事になるんじゃないかな?と思っていたけれど、そうでもなかったです。
個人的にはソーダ味がオススメhappy01

お腹もいっぱいになったので、会場を出る事にした私たち。
出口手前の物産ブースで、またまた締めのビールを頂きました。

111016-013.jpg

ハムのオススメ、北海道限定サッポロクラシック。
ホップの爽やかな香りと、味わいのしっかりとしたビールらしいビールでした。

お腹がいっぱいの私たちは、腹ごなしに散歩をする事にしました。
国際展示場駅から青海方面に向かい、ビーナスフォートのお隣にあるメガウェブにやってきました。そこには様々なトヨタ車が展示されています。
ハイブリッドカー、レクサス、エスティマ、センチュリーなどを見たり、乗ったりして時間を過ごしました。

ネクスト体験ゾーンでは、i-REALという座った姿勢のまま運転制御出来る乗り物に、体験乗車して来ましたhappy01
イメージとしては、映画「WALL・E」に出てくる人間が乗っている乗り物に似ています。
自分が向かいたい方向に制御出来る楽しさがありました。

メガウェブを出た私たちは新橋へと向かいます。
本日何杯目かのビールで乾杯beersign01
食べたり飲んだり、大満足の一日になりました。

111016-014.jpg

pc まんパク

pc メガウェブ

今日は、私の希望で台東区谷中周辺を散策する事にしました。
上野~谷中周辺は、下町の風情を色濃く残す街並みで、懐かしい雰囲気が漂います。
日暮里駅から都立谷中霊園の間を通って、下町風俗資料館(旧吉田屋酒店)の方へ向かって歩いて行くと、まるでタイムスリップしたかのような光景が広がります。

111010-001.jpg

建物は随分と古いようですが、車が置いてあり、また洗濯物が干してあって、古さの中にも新しさを感じます。

111010-002.jpg

111010-003.jpg

こちらは、その昔は銭湯として利用されてたであろう建物を利用したギャラリー。
残念ながら休館日の為、中に入る事が出来ませんでしたcrying

111010-004.jpg

111010-005.jpg

カフェだって、こんな感じです。古い建物だけどオシャレに感じてしまうのは、この近くに芸大(東京藝術大学)があるからでしょうか?センスの良さを感じます。
「カバヤ」さんに入って、ひと休みする事にしました。

111010-007.jpg

111010-006.jpg 111010-012.jpg

コーヒーとケーキを頼んだ私たちですが、その前に写真、写真・・・camera
のんびりと歩きながら、こうした時間を過ごすのも良いものですね。

111010-008.jpg

こちらは、国登録有形文化財建造物となっている市田邸です。
明治40年、当時日本橋で布問屋を営んでいた初代市田善兵衛によって建てられ、戦後は市田家の長女である春子さんの元、芸大の学生の下宿先として利用されてきたそうです。現在は、地域や芸大の有志が集まって市田邸を借り受け、シェア居住しながら日常の維持管理をされているそうです。

古い建物を維持管理していくのも大変なことですよね。
中に入らせてもらいましたが、学生さんたちが描いた絵などが展示されていて、人の出入りも多かったです。

111010-009.jpg

下町風俗資料館(旧吉田屋酒店)では、元が酒店であったという事で、秤や漏斗・枡・樽・徳利・宣伝用ポスター、看板、帳簿など酒類の販売に用いる道具が展示されていました。番頭台に座って、それっぽく写真を撮って来ましたhappy01
そこから再び戻って、間間間(さんけんま)に立ち寄りました。
普段は人が住む住宅となっていますが、1階の店舗部分は曜日を決めてカフェやワークショップとして利用されているそうです。私たちが行った時には、尺八作りが行われていました。

再び来た道を戻り、下町風俗資料館(旧吉田屋酒店)を左に曲がって浄名院を通り過ぎ、線路を越えて反対側へしばらくいくと、ラブホテル街の近くにあるのが子規庵。俳句・短歌で有名な、あの正岡子規の旧居だそうです。
残念ながらこの日は休館日で、中に入る事が出来ませんでしたcrying

 

111010-011.jpg

この後私たちは、上野動物園の周りを歩きながら歩を進めて、御徒町まで向かいました。
体育の日にふさわしく、たっぷり歩いた後はビールと韓国料理を頂きま~すhappy01
今日行ったお店は、仕事上のお客様から教えてもらった「アレンモク」という韓国料理店です。
焼肉の気分ではなかったので、つまみ、スープ、チヂミ、石焼ビビンバなどを注文しました。
スープはいつもの通り、純豆腐(スンドゥブ)を注文してみました。
海鮮チヂミは、大きなザルに入って登場sign01特製タレを付けて、とても美味しく頂きましたhappy02

111010-013.jpg

111010-014.jpg

アレンモクを後にした私たちは、HUB上野しのばず通り店に立ち寄る事にしました。
既にお腹はいっぱいだったけれど、ビールとミックスナッツで盛り上がり、あっという間に夜も更けてしまいました。。。coldsweats01
終電を逃した私たちは、タクシーで帰る事になってしまいましたwobbly

pc Nostalgic TOKYO ~谷中・根津・千駄木~

pc アレンモク

pc HUB上野しのばず通り店

このページの上部へ

About

「ハム&アイの悠々閑々RL生活」は、Hamusuke & AyseのRL日常を綴ったブログです。
iPhoneなどのスマートフォン向けサイトもあります。スマートフォンでこのページを開くか、URLの最後に i を付けていただけばOKです。

プロフィール

Name : Ayse
Partner : Hamusuke

サイト内検索

最近のコメント

Powered by Movable Type 5.2.9