2011年5月のエントリー 一覧

今日はハムに誘われて、「技研公開」(NHK放送技術研究所)へ出掛けました。
あいにくの雨の中、成城学園前駅からバスに乗って向かいました。

110529-1.jpg
↑手ブレしてしまいました・・・weep

さすがにNHKがやっているだけあって、内容は硬い。
映像技術や放送技術を中心とした内容になります。

110529-2.jpg
↑泣く子も黙る(?)スーパーハイビジョンカメラ。

スーパーハイビジョンは、ハイビジョンの16倍の画素数を有する超高精細映像と、22.2マルチチャンネルの3次元音響からなるシステムです。

難しいバネルを眺めているよりは、実際に体感した方がわかりやすく、スーパーハイビジョンの凄さをまざまざと感じてきました。特に印象的だったのは、下記の3テーマ。

  • 22.2マルチチャンネル音響再生技術
    家庭で22.2マルチチャンネル音響を再生するためのディスプレイ一体型スピーカー。
    自分の体の周りからやさしく包み込むような音が感じられました。
  • スーパーハイビジョン用広ダイナミックレンジプロジェクター
    スーパーハイビジョンのフル解像度(7680×4320画素)と、非常に広いダイナミックレンジ(約110万:1)を持つプロジェクターだそうで、黒をより暗い色で表現出来る、まさに真の黒を体感しました。
  • 新型スーパーハイビジョンプロジェクター
    スーパーハイビジョンの実用化に向けて、フル解像度並みの画質と低コスト、コンパクト化を実現。さすがに美しい。

展示会場には所々にスタンプが備え付けられてあり、スタンプラリーを楽しむことが出来ます。
私たちもスタンプを押しながら、一回りしてきました。
スタンプを押し終えたカードを出口で見せたら、「どーもくん」ストラップをもらいました。

110529-3.jpg

帰りに夕飯を食べる事にしたのですが、韓国料理はさすがに続いたので食べたくないというハム。
だからといって、いつものように居酒屋というのも味気がないので、今夜はトルコ料理のお店「アンカラ」に行くことにしました。私は同期の仲間と以前トルコに行った事があるのですが、国自体も良かったし、世界三大料理と言われるトルコ料理は素材そのものの自然な味わいだったし、まさに「飛んでイスタンブール」な状態で、帰ってきてからもトルコにハマりまくってました。

渋谷にある「アンカラ」は、以前お客さんとの食事会に使った事があった所で、しばらくぶりになります。以前来た時は活気があって、ベリーダンサーのショーなんかもあったのですが、だいぶ落ち着いてしまったようです。
おばさま方の集まりが1組いたのみでした。
それでも、トルコ料理が初めてというハムに、あーだこーだと説明をしながら、数種の料理と飲み物を注文しました。

110529-4.jpg
↑ ピアースサラタス(サラダ)

110529-5.jpg
↑ カルシュックメセ(前菜盛り合わせ)

110529-6.jpg
↑ トルコのお酒(ラク)

110529-7.jpg
↑ ドネルケバブ(牝牛の肉)

トルコのお酒「ラク」は、独特の風味があるお酒です。
とてもアルコール度数が高いので、透明の原液が、水を加えると白く濁る事から「ライオンのミルク」なんて言われています。
そんな個性的な味わいに、ハムはハマった模様。
ハムはパクチーもいける口なので、ラクも軽い軽いって・・・coldsweats01
次回は、ドリアンにしますか???bleah

foot 技研公開

foot トルコ料理「アンカラ」

あのクセになる味が忘れられず、再びの韓国料理を食べに出掛けました。
最初に行った「明洞カムジャタン」です。

110522-1.jpg

「明洞カムジャタン」ではお初のスンドゥブ。
やばい・・・ハマった。

110522-2.jpg

「明洞のり巻き」も有名だという事で、注文してみました。
ゴマ油の風味が効いていて、美味しかったです。
この1週間後、またまた韓国料理を食べたいとハムに言ったら、さすがに断られましたcrying

今夜はその後、「アコースティックFESTA 2011」に行く為、浜松町へと移動をしました。
セカンドライフを通じて知り合ったちゃまさんですが、今回はピアノとボーカルを、それにギターとカホーンを加えたアコースティックライブを行います。
八丁堀フェスタのマスター率いる音楽仲間が繰り広げるライブは、前回のハロフェスとはまた違った味わいの良さがありました。
ちゃまさんの優しく心に響くメロディは、やっぱりいいですね~happy01

美味しいものを食べて、いい音楽を聴いて、最高の一日になりました。

foot 「明洞カムジャタン
  (住所が違うようなので)東京都新宿区大久保1-15-15 1F

foot 「チャマのどっちがリアルだ?!

飲兵衛の一日

エビスビールが飲みたくなって、再び「エビスビール記念館」に出掛ける事になりました。
昨年4月に行った時には、私もハムも大変気に行ってしまい、ビールとおつまみで長時間居座っていましたが、今回はエビスツアーという、エビスビールの歴史やビールの美味しさを学ぶ事が出来るツアーに参加してみる事にしました。
GW期間という事もあってか、来場者もそれなりに多かったです。

到着した時間も遅かったのですが、なんとかツアーに参加する事が出来ました。
大人500円で、エビスビールの歴史とビールの美味しさを学ぶ事が出来て、試飲用ビールを2杯飲む事が出来ますhappy01
ツアーの後はテイスティングサロンで、ビールとおつまみ。
なんて贅沢な一日でしょう。

しかーーーし。
電力使用抑制のため、6時で終了だったとは・・・crying
ゆっくりした時間を楽しみたかったのですが、仕方がないですね。

110504-1.jpg

場所を移動して、赤坂見附に行く事にしました。
恵比寿から赤坂見附・・・飲兵衛とはそういうものです・・・はいcoldsweats01
ハムの念願だった、「HOOTERS」へ行くことになりました。

「HOOTERS」は、アメリカフロリダ発祥のカジュアルレストランです。
レストランと言っても、ジャンクに近いのかな?
食べ物よりも、このお店で働くウエイトレスに注目が集まります。
というのも、チアガールのようなオレンジ色や黒の短いパンツ姿の女の子たちが沢山いるから。
男の子なら、そっちの方に目が行ってしまうんでしょうね。

客層は赤坂見附という場所がらか、外国の方が多かったです。
男の子同士もいれば、カップルで来てたり、ファミリーで来てるという人たちもいます。
たまに行うチアガールのダンス(?)も楽しめます。

ここでのおつまみは、チキンウィングとスチームドシュリンプ。
お酒はビールの他に、キャンペーン中だったイエガーマイスターを使ったカクテルなんかも飲んで来ました。
こっそりiPhoneで写真を撮ったチアガールの写真は、残念ながら掲載出来ませんが、ビールの写真で我慢してくださいhappy02

110504-2.jpg

pc エビスビール記念館

pc HOOTERS TOKYO

このページの上部へ

About

「ハム&アイの悠々閑々RL生活」は、Hamusuke & AyseのRL日常を綴ったブログです。
iPhoneなどのスマートフォン向けサイトもあります。スマートフォンでこのページを開くか、URLの最後に i を付けていただけばOKです。

プロフィール

Name : Ayse
Partner : Hamusuke

サイト内検索

最近のコメント

Powered by Movable Type 5.2.9