2011年3月のエントリー 一覧

地震大国日本。
そう言われている事は十分認識していたつもりでしたが、今回の東北地方太平洋沖地震では、これまで私が経験してきた地震の中でとても身近で、ショッキングな出来事でした。

地震発生!その時わたしは・・・

この日私は、仕事で外勤をした帰り道、上司に頼まれて、有楽町にあるお菓子屋さんに買物に出掛けていました。素敵なショップの中には、美味しそうなお菓子が並べられていて、食べるのが勿体ない位の代物ばかり。トレーの中に、チョイスしたチョコレート菓子を並べて、レジの順番待ちをしていた時に、地震が発生しました。

最初は(あ!地震だ)と思う程度でしたが、段々と揺れが大きくなり、店内の照明も右に左にと大きく揺れています。慌てて店を後にする人、悲鳴をあげる人、その場で様子を伺っている人、いろいろな方がいましたが、店の方に促されて、私も手にしていた商品をその場に置き、歩道へ出ることにしました。地面はまだ揺れています。
オフィスビルから道路へ出てきた人たちは、頭上を見上げたり、携帯電話で連絡を取り合っている人たちもいました。

今回は大きいぞ、何か違うぞと思いながらも、揺れが収まったので再び店内へ戻り、早々に買物を済ませて駅の方へ向かいました。地震の影響で、JRは運行をストップ。駅周辺には沢山の人たちが集まっていました。
会社に電話を入れてみると、電話口に出た同僚が真剣な面持ちで、どこにいるのか?大丈夫かと言って来ました。とりあえず自分の安否を伝え、しばらく様子を伺っていましたが、電車は当分動きそうもなかったので、歩いて会社に戻ることにしました。

歩いていると、携帯電話直営店に設置されたTVが、歩道から確認することが出来、沢山の人たちがそのTVを観ています。私もその中に加わり、震源地はどこだったのかを確認してみました。
震源は三陸沖(牡鹿半島の東南東、約130km付近)で、深さ約24km、震源域は岩手県沖から茨城県沖まで南北約500km、東西約200kmの広範囲に及ぶとされ、各地の震度が表示されていました。
家に電話を掛けてはみてもつながらない、会社に再度電話を掛けてもつながらないという状況の中で、余震が来るかもしれないから、とにかく会社に戻ろうと決めて、足早に会社へ戻ることにしました。

やっとのことで会社の建物に着くと、今度はエレベーターが止まってる・・・coldsweats02
階段を使って上る途中、階段の壁面にはヒビ割れが生じていた箇所もあり、漆喰が剥がれて階段のステップに散らばっていました。フロアーに戻り、戻ったことを周りに伝えると、私同様、外勤に出て戻って来ていない人たちもいるとのこと。
余震も続いていて、建物がユラユラとまるで船にでも乗っているかのような揺れが頻繁にあって、かなりの気持ち悪さを感じていました。

ハムと合流して・・・

就業を終えるチャイムが鳴ると、早々に帰り支度をする人たちがいました。
ラジオやネットから得られた情報では、大きな津波が発生して沢山の地域を飲みこんで行ったとか・・・。電車は相変わらず動いていない状況の中、歩いて帰る人たちが殆どでした。

丁度この日、私はハムとライブに行く予定にしていたのですが、こんな状況なので中止にしようとハムに連絡を取っていました。しかし、電話もメールもなかなか捕まりません。やっとの事でメールが受信出来たので内容を見てみると、撮影の仕事を終えたハムは、一度自宅に戻ろうとしたけれど、電車が動いていないので、私のいる会社近くまで来ているという内容でした。すぐにその場所へ向かい、お互いの安否確認が出来た後、一緒に帰ることにしました。

道路は車で大渋滞。歩道は帰宅する人たちですごく混み合っています。
ビジネスホテルは既に満室、カラオケも満室、時間を潰す事が出来そうな所は、既にいっぱいです。お腹も空いてきたので、歩いている途中で見つけた居酒屋さんで、2時間少々時間を潰しました。今日は電車も動かないと決めているようで、歩いて帰るしかなさそうです。
半ば追い出されるかのように居酒屋を出た後、再び歩き始めた私たち。

歩いていると普段では気がつかないスポットがあったり、帰宅者支援でトイレを貸し出してくれていたり、携帯用カイロをご自由にどうぞというものまであります。
歩いても歩いても先は遠く、ヒール靴を履いていた私にとっては、足への負担がかなりきつい状態でした。

翌2時過ぎ、さすがに足が重くなってきて、バス停でひと休みする事にしました。
2/3位は来ているものと思いながら、これから先の経路を見るために、地図アプリを見てみたら、まだ半分以上もある事に今更ながらに気がつく私・・・bearing

さすがに疲労もピークになって来たので、近くで休める場所を探す事にしました。
電柱に貼り付けられたチラシを見ると、近くにある高校が帰宅ステーションとして開放していると書かれてあります。
重い足を引きづりながら、その高校へと向かうことにしました。

帰宅ステーションにて・・・

板橋にある都立北園高等学校という所が、帰宅ステーションとして開放されているという事で、立ち寄る事にした私たち。
事務所にいた職員さんから毛布を手渡され、柔道部の稽古場へと案内されました。

銀色の袋に入った真新しい毛布を取り出し、稽古場へと入ると、既に何組かの帰宅者が横になっていました。ツンと鼻に来る男臭さは、まさに柔道部・・・だけど、この状況下ではそんなことは言ってられません。
自分らが横になる陣地を決めて、すぐに横になったのですが、この日の夜はかなりの冷え込みの上、私はかなりの薄着。手足が冷たくなってしまっていて、毛布にくるまってじっと寒さをこらえて寝る事にしました。

翌朝、職員の方が話している声で目を覚ましました。
7時に電車が動き始めるというので、私たちもそれに合わせて出る準備をし始めました。
新聞が何部か用意されてあったので見てみると、一面見出しには「東日本大震災」と大きく書かれてありました。

最寄駅に行ってみると、まだ電車は動いていません。
まだしばらく時間がかかる様子だったので、駅前のカフェでひと休み。
体が冷え切ってしまっていたので、温かいコーヒーが本当に心地よかったです。
1時間待っても電車が来なかったので、ここからタクシーで帰ることにしました。
なんとか家に着き、すぐさま温かいお風呂に浸かって、横になりました。
昨日からTVを観ていなかったので、状況がつかめないでいたのですが、刻一刻と変わる被災者の数、地震と津波による被災地の様子に、心が傷みました。

東北地方太平洋沖地震によって、お亡くなりになられた方々に深く哀悼の意を表しますとともに、ご遺族と被害に遭われた方々に心からのお見舞いを申し上げます。

やっと終わった~saddash
私のブログ「アイシェの悠々自適SL生活」と「ハム&アイの悠々閑々RL生活」ですが、海外からの多用なコメントによって、管理が出来なくなってきたのと併せて、Movable Typeのセキュリティ問題もあったとかで、Movable Typeを5.04にバージョンアップさせる事にしました。

簡単に行くと思いきや、これがなかなか大変な作業で、この2週間位はこれに掛かりっきりの毎日でした。もしかしたら、もっと簡単な方法があったのかもしれないけれど、ブログ記事数としては、まだ少ない方だったから、一から建て直したような感じですcoldsweats01

1. 海外からの多用なコメントを削除(消すのも一苦労)annoy
2. 旧バージョンからブログ記事を抜き取る(バックアップデーター、エクスポート)。
3. 新バージョンをインストール。
4. 新バージョンで、1のバックアップデーターを復元させようとしたが、拒否されたcoldsweats02
5. エクポートの方でブログ記事は復活。
6. ブログの階層を変えたので、画像のアドレスを修正(修正作業も大変・・・)shock
7. ブログのテーマを適用、体裁を整える、プラグインの追加など・・・wobbly
8.更新していなかった記事を作成。

とまあ、全体的な流れはこんな感じでした・・・疲れたsweat01

このページの上部へ

About

「ハム&アイの悠々閑々RL生活」は、Hamusuke & AyseのRL日常を綴ったブログです。
iPhoneなどのスマートフォン向けサイトもあります。スマートフォンでこのページを開くか、URLの最後に i を付けていただけばOKです。

プロフィール

Name : Ayse
Partner : Hamusuke

サイト内検索

最近のコメント

Powered by Movable Type 5.2.9