三重でござる

今回ほど急に予定が決まったことなんて無いsign01と言って良い程、それは前日の夜に決まりました。
事の発端は、ハムが仕事の関係で四国へ出張していた事から始まります。

22日(木)深夜。
ハムは仕事道具を車に積んで、四国へと出掛けて行きました。
長い旅路を車でひた走るcarcarcar
無事に着いたのかと心配していましたが、翌23日(金)仕事を片付けた後、SecondLife仲間のキタロウ氏と再会を果たしたハムは、四国の素晴らしさを電話で知らせてくれました。

その時に、26日(月)も仕事で名古屋へ立ち寄らなければならなくなってしまった事を聞かされ、土日は予定が空くので、三重に立ち寄ろうと考えていると言います。三重にもSecondLife仲間がいる事を知っていた私は、羨ましさでいっぱいになりました。

夜、そのSecondLife仲間であるKeropenさんに連絡を付ける為、ハムも私もあらゆる手段を使って連絡を取ろうと試み、やっとの事で捕まえる事が出来ました。この時点で既に、私の心は決まっていました。
「私も行くよ~happy01

そんなこんなで、急遽三重に行くことになった私。
深夜に経路検索してプリントアウト、荷物を纏めた後、軽く睡眠を取りました。
翌24日(土)は、天気も良くて絶好の旅日和です。
目的地に着くまでは一人旅になりますが、一人旅っていうのもなかなか楽しいものです。
ワクワクした気持ちと裏腹に、行く方面を間違ってはいないかとハラハラしたり、ここで寝ちゃったら降りる駅を通り過ぎてしまうのではと心配したりもしましたけどねbleah

新幹線のお供は、やっぱりこれでしょう。
朝からハイボールっていうのも、休日ならではの楽しみ方ですよね~(私だけか?)。

100424-12

名古屋駅に到着した私は、これから未知の世界へ足を踏み出します。
近鉄名古屋駅から近鉄特急に乗って、伊勢中川経由伊賀神戸へ向かいます。
これから乗ろうとする特急電車は、レトロな雰囲気漂う列車です。

100424-1

さすがにお酒も何なので、ここはアイスコーヒーでリセットする事にしました。
車窓からの眺めはのどかで、どこか懐かしい雰囲気。
窓からの日差しも暑く、ついついうたた寝をしてしまいました。

100424-13

伊勢中川での乗換は、ホーム向かい側の大阪難波行きになります。
こちらも指定席だったのですが、乗換時間も僅かの中、最後尾の車両まで行くのは少し大変でした。
乗り換えて間もなく、次の駅が伊賀神戸の駅になります。

伊賀神戸から待ち合わせ予定の上野市まで、伊賀鉄道伊賀線に乗り換えます。
松本零士ファンなら一度は乗ってみたいであろう、この電車。
かくいう私も「銀河鉄道999」の大ファンである事から、この電車は外せません。

100424-2

100424-3

100424-4

ご覧の通り、伊賀と言えば忍者。
松本零士と言えば、この切れ長の目に極端な位の睫毛。
眼光鋭い眼差しで、見つめられたら石にされてしまいそうな感じです。

トコトコと伊賀線に乗って車窓を眺めていたら、面白い車内アナウンスが流れました。
「次は比土でござる。出口は右側でござる。にんにん。」
にんにんって・・・あ・・・忍者だsign01
と改めて気がついたりもしました。

のんびりとした雰囲気の中、上野市に到着。
今夜はここで寝泊りする予定なので、宿探しをしなくてはなりません。
と、そこへKeropenさんからお電話が。
相棒Kazanさんが待ちきれないらしく、ハムより一足先にKeropen & Kazan組と合流する事になりました。
ついでに今夜の宿探しも手伝ってくれるそうですhappy01

上野市駅前で待っていると、Keropenさん & Kazanさんがやって来ました。
二人とも初対面だったのですが、アバターとして見る二人そのまんまで、なんだかほっとしました。
駅前の観光案内所で宿を探し、kazanさんの車で宿へ直行です。
今夜泊まる事になった宿は、100年の歴史を誇るレトロな旅館です。
建物自体が相当古いので、床はきしみ、若干傾斜が感じられます。
宿帳に記帳して一服した後、Keropen & Kazanが上野城を案内してくれる事になりました。

100424-6

既に開館時間が過ぎていたので、残念ながら城内部に入ることは出来ませんでしたが、Keropen & Kazanから、このお城についての説明をしてくれました。なんでも暴風雨が来て倒壊してしまったらしく、その後再建されずに江戸時代が過ぎてしまい、当時を物語る事が出来るのは、石垣のみだそうです。天守閣(木造)が建てられたのは昭和に入ってからという事でした。
最近、この天守閣のお色直しをしたばかりだそうで、「白鳳城」とも呼ばれるにふさわしい、品のある佇まいでした。

他に上野城の敷地内には、俳聖殿というのがあって、変わった建物の形に驚いていたら、松尾芭蕉の旅姿をイメージした建物だと教えてくれました。まさに、笠を被った芭蕉らしき雰囲気が感じられます。

100424-5

上野城を後にした私たち。
歩き疲れたのでお茶でも飲もうと喫茶店に入ろうとした時に、やっとハムが到着。
四国でうどん三昧をしてきたので、今頃になっての到着です。
聞くところによると、うどんを3杯も食べてきたとか・・・wobbly
麺類大好き!というハムらしい一日を過ごしたようです。

宿で少しお話をした後、皆で夕飯を食べに出かけました。
今夜の夕飯は、Keropenオススメの洋食レストラン。
オムライスが美味しいと言うので、皆でオムライスコースを注文しました。
卵がとろとろで、とても美味しかったです。

SecondLifeの話や、四国での話し。
話題が尽きなくて、楽しい一日を過ごしました。

次の日記に続く 「滝でござる」編をお楽しみにw

Comments [3]

遠路はるばるおつかれさまです。
999ファンと聞いていれば、かくれ名所へ連れて行ったのに〜。
知る人ぞ知る、メーテル&鉄郎の銅像が…。

>Keropenさん

ばんわw
コメントありがとうございま?す。
メーテル&哲郎の銅像なんていうのがあったの??
知りませんでした。
また行かなくちゃw

あ・・哲郎じゃなくて、鉄郎だw

このページの上部へ

About

「ハム&アイの悠々閑々RL生活」は、Hamusuke & AyseのRL日常を綴ったブログです。
iPhoneなどのスマートフォン向けサイトもあります。スマートフォンでこのページを開くか、URLの最後に i を付けていただけばOKです。

プロフィール

Name : Ayse
Partner : Hamusuke

サイト内検索

最近のコメント

Powered by Movable Type 5.2.9