2009年10月のエントリー 一覧

乗り物三昧の箱根旅

SL仲間であり、RL友人のmomoさんからのお誘いで、箱根に出掛けることになった私たち。
momoさん&momoさんの大切な人とは現地で待ち合わせをして、私とハムは電車等を乗り継いで現地へ向かいました。

新宿駅から箱根湯本までは、ロマンスカーに乗ります。
50000形(VSE)という比較的新しいオシャレな車両です。
車内でコーヒーを飲む私。
お酒じゃないのか?という突っ込みは無しでsweat01

091031-1

ロマンスカー車内で、ハムに行程を説明。
新宿⇒(ロマンスカー)⇒箱根湯本⇒(登山電車)⇒強羅⇒(ケーブルカー)⇒早雲山⇒(ロープウェイ)⇒大涌谷⇒(ロープウェイ)⇒桃源台⇒(海賊船)⇒元箱根港⇒(バス)⇒箱根湯本
この行程を説明したら、一言文句を言われました。
「なんで、飛行機が入ってないのか?」だって。
乗り物が好きなハムですが、一日でこれだけの乗り物を乗るというのも、初めてのことでしょう。
momoさんたちとは、大涌谷で合流にしているので、それまでは二人行動になります。

箱根湯本に到着。
新宿駅でロマンスカーの車体を撮るのを忘れていたので、早速撮影。

091031-4

091031-3

箱根湯本で一時下車して、余計な荷物を置きにコインロッカーへ。
近くに早川という川が流れていて、温泉地ならではの風情を感じられます。
箱根湯本の駅は、現在改築工事が行われているようです。
新しい駅舎は新品そのもの。

091031-5

091031-6

箱根湯本から今度は登山電車に乗車です。
連休中ということもあって、やはり混雑した電車でしたが、私たちは途中下車する予定なので、一時の辛抱です。

091031-2

091031-8

091031-7

この登山電車は、山の斜面を登っていくことから、スイッチバックしながら登っていきます。
スイッチバックは出山信号場、大平台駅、上大平台信号場の3箇所で行なわれ、運転士と車掌が入れ替わります。
途中駅である大平台がスイッチバックする停車駅になっているので、この駅で途中下車してみることにしました。

091031-10

091031-9

091031-11

乗ってきた登山電車は、大平台の駅で折り返し登って行きました。
箱根湯本に戻る登山電車は、逆に下って行きます。
途中2箇所も同じようにスイッチバックが行われ、強羅に到着。

091031-12

091031-13

ここからはケーブルカーに乗り換えます。
斜面を登って行くケーブルカーは、製造する時は斜面で造るのかな?とハムが疑問を抱いていました。

091031-14

091031-15

車内は相変わらず混んでいます。
箱根湯本から登山電車で強羅へ向かい、強羅からケーブルカー、早雲山からロープウェイで大涌谷という観光ルートなので仕方がありません。
終着駅である早雲山まであと1駅のところで、目の前に座っていた乗客が降りたので、座ることにしました。
私たちの座席の前には、家族連れがいて、お父さんが子供にケーブルカーの原理を教えていました。

斜面に対して下る力を利用して上ることが出来る。
つまりつるべ井戸と同じ原理だということを、説明していたお父さん。
さすがです!
私たちまで聞き耳を立てて、ふむふむと聞いてしまいました。
ケーブルカーを製造する時は、斜面で造るのか聞いてみたら答えてくれたかな?

091031-16

091031-17

早雲山駅に到着。とうとう761mまで登ってきました。
箱根湯本駅が108mだったので、653mも登ってきたことになります。
まだまだ先があります。

早雲山でロープウェイに乗るために順番待ちをしていたら、momoさんから連絡が入りました。
momoさんたちも早雲山にいて、これからロープウェイに乗るところだということで、偶然にもここで合流することが出来たのです。
momoさんたちと合流して、一緒にロープウェイに乗り込みました。

箱根ロープウェイは、年間有料乗車人員2,010,059人ということで、「Busiest gondola lift(最も乗車しているロープウェイ)」として、ギネス世界記録認定を受けたそうです。
観光シーズンの混み具合を考えたら、頷ける話でもありました。

091031-18

091031-19

ロープウェイからの眺めを堪能し、大涌谷に到着。
大涌谷は標高1,044mにあり、箱根湯本から936m登ってきたことになります。
大涌谷到着記念の記念撮影をした後、昼食を食べることにしました。
が・・・ここでも混んでる。
他に食べる所も無いので、順番待ちをすることになりました。
外に出ると、薄くモヤのかかった天気でしたが、富士山もそこそこ見えました。

091031-20

091031-21

091031-22

やっと順番が回ってきて、私たちも食事にありつけることになりました。
ここの名物とも言うのでしょうか?
変わった料理があったので、それぞれ注文。
元祖大涌谷の黒カレーと大涌谷地獄つけ麺というものです。
黒カレーの黒い色は企業秘密で明かせないそうですが、海苔の佃煮を辛くしたような印象でした。

091031-23

091031-24

食後は軽く運動がてら、玉子茶屋まで向かいました。
温泉の熱を利用して作られる黒いゆでたまごが売られている売店です。
1個食べると7年、2個食べると14年長生き出来ると言われています。
硫黄の臭いが鼻をついて、風下には立てない状況でしたが、食後の良い運動にはなりました。
黒たまごは持ち帰りにして、次の目的地である桃源台を目指します。

再びロープウェイに乗り込み、桃源台に到着。
ここから海賊船に乗って、元箱根港まで向かいます。
風が強かったので船内でおしゃべりをしていたら、どう見ても不恰好なジャック・スパロウに扮した船長さんらしき人。
後姿しか見えなかったので、振り返るのを待ってみました。
振り返った・・・・sweat02
コメントは差し控えさせて頂きます。

091031-25

091031-26

091031-27

元箱根港に着くと、箱根湯本へ行くバスが発車に備えて待機していました。
私たちもバスに乗り込み、私とハムは運転席のすぐ後ろの席を陣取りました。
席についた途端に眠気が襲ってきて、箱根湯本までの約30分間二人ともぐっすりと寝てしまいました。

箱根湯本に戻った私たちは、その後momoさんたちと一緒に夕飯を食べる予定にしていたので、その時間まで喫茶店でお茶を飲むことにしました。
箱根湯本駅の改札脇にあるカフェで、店内には登山電車の模型も飾られています。

091031-28

夕飯は箱根湯本から1Km位行ったところにある「歌流多」さんです。
気の良い店主さん自ら送迎までしてくれて、大変助かりました。
ここでみんなからお土産の交換会。
momoさん&momoさんの大切な人、本当にありがとう。
また機会があったら、是非一緒に遊びましょう。
一日乗り物乗り放題の箱根の旅。
とっても満足した一日になりました。

pc ロマンスカー

pc 箱根登山電車&ケーブルカー

pc 箱根ロープウェイ

pc 海賊船

pc 箱根登山バス

pc 歌流多

CEATECで最先端を知る

今回もハムに誘われて展示会巡りです。
10月6日から幕張メッセで開催されていたCEATEC JAPANに行って来ました。
ゲームショウ程は混んでいないだろうと踏んでいましたが、同日別会場で開催されていた模型ホビーショウ、AKB48チーム対抗大運動会(これは後で知った)などが開催されていたので、駐車場内の車を止めることが出来た場所は、会場から離れた一番端の方になってしまいました。

今回のCEATECは、内容的に私が行っても楽しめるものなのか正直悩みましたが、最先端のIT・エレクトロニクス技術を見ておくのもひとつだと思い、一緒に行くことになりました。

こちらはNHKのブース。
アナログからデジタルへの移り変わりを展示品と共に紹介していました。

091010-2

091010-3

その後、あちこちのブースを見て歩きましたが、圧倒的に「3D」という言葉が蔓延していることに気づきました。
あっちも「3D」、こっちでも「3D」。
3D映像技術が進歩し、家庭用TVでも十分に3Dの機能を味わえるようになったということでしょう。
相変わらず、「3D」映像を見るためには専用の眼鏡をかけなくてはならない状況ではありましたが、これは仕方のないことなのでしょうか?

091010-1

様々な「3D」映像を見て気がついたことに、モニターの手前に立体像が表現されるものと、モニターの奥へ奥行きを出すことによって立体視させる映像とがありました。
また、あるブースでは眼鏡をかけなくても立体映像が見れる(裸眼立体視用ディスプレイ)というものもありました。
確かに眼鏡をかけなくても、立体視されています。

日立のブースでは、短い距離でも投影が出来るプロジェクターなどを紹介されていました。
仕事でも役立ちそうですね。

最初は私には高度過ぎてついていけないんじゃないかと心配していましたが、来てみると意外と私でも楽しめる内容で、まるで日本科学未来館に来ているみたいだったので、来て良かったと思いました。
これからの最先端技術に今後も注目です。

pc CEATEC JAPAN

このページの上部へ

About

「ハム&アイの悠々閑々RL生活」は、Hamusuke & AyseのRL日常を綴ったブログです。
iPhoneなどのスマートフォン向けサイトもあります。スマートフォンでこのページを開くか、URLの最後に i を付けていただけばOKです。

プロフィール

Name : Ayse
Partner : Hamusuke

サイト内検索

最近のコメント

Powered by Movable Type 5.2.9