2009年6月のエントリー 一覧

紫陽花を満喫した私たちですが、もうひとつの目的がありました。
それは、江ノ電に乗ること。
鎌倉から長谷までの区間しかまだ乗っていなかったので、ここからは江ノ電満喫ツアーの開始です。

次の停車駅は、鎌倉高校前。
江ノ島を眺めたり、江ノ電の風情を味わうのに良いスポットだそうです。

090620-38

090620-37

鎌倉高校前駅は本当に小さな駅で、駅員さんもいません。
道路の反対側は海。
海と江ノ電という構図も、これまた良いものですね。

その後、再び江ノ電に乗り、次の停車駅へと向かいます。
江ノ電に乗って、江ノ島で下車しない訳にはいかないでしょう。
頭の中ではサザンの曲がエンドレスに流れているものの、相変わらず車内は混みあっていました。

江ノ電は腰越から江ノ島までの区間、街中を走ります。
車や歩行者が側を通る中、江ノ電が走る状況にあり、少し速度を落として走行します。
これまでの風景とちょっと違うので、これもまた楽しみのひとつでもあります。

そんなこんなで江ノ島に到着。
江ノ島で途中下車した私たちが、駅前で目にしたもの。
それは、こんなかわいいものでした。

090620-39

090620-40

きっと住人の方が、冬場寒いだろうと編んであげたものなのでしょう。
とってもかわいくて、心が温かくなりました。

090620-42

090620-41

江ノ島で少し散策をすることにしました。
江ノ島駅から江ノ島の方へ向かって歩き、着いた先は片瀬江ノ島駅。
思わず遊園地にでも来てしまったかと思うような、ど派手な駅でした。

090620-43

江ノ電の旅もここから先は住宅街を通るので、見所はほとんどありません。
日も暮れてきたので、まっすぐ藤沢に向かうことにしました。

090620-44

旅の最後を締めくくるのは、疲れた体に美味しい食べ物と冷たいビール。
ということで、藤沢駅近くにあるラーメン店「古久家」に行きました。
ここのサンマー麺は大変美味しいと評判らしく、ラーメン好きのハムがとても楽しみにしていた所です。

090620-45

090620-46

ビールと餃子とサンマー麺。
とっても美味しかったです。

今回の紫陽花と江ノ電の旅は、丸一日かけての旅でしたが、とっても充実した中身になったのは、SL仲間でありRLでも友人であるmomoさんのお陰です。
彼女の的確なアドバイスを受けたからこそ、無駄なく存分に楽しんでくることが出来ました。
まだまだ行きたい所は沢山ありますが、また次回の楽しみに取っておきます。
momoさん、本当にありがとう。

pc 江ノ電

pc 古久家

6月も半ばを過ぎて、紫陽花が見頃を迎えたのをきっかけに、鎌倉・江ノ島方面に遊びに出掛けることになりました。
朝方6時には自宅最寄駅を出発。
相変わらず遅刻をしたハムを待って、北鎌倉に向かいました。

090620-1

090620-2

090620-3

朝もまだ早いのに、駅周辺には観光客がいます。
天気も良くて行動はしやすかったけれど、紫陽花を鑑賞するのであれば、もう少し曇っていた方が良かったかな?
むしろ汗ばむ位に暑い一日になりました。

最初に訪れたのは、明月院。
境内に多くの紫陽花が植えられていて、通称"アジサイ寺"と呼ばれています。

090620-4

090620-5

090620-6

本堂には円窓があって、庭園を眺めながらお茶を頂くことが出来ます。
雑誌やWebサイトでよく見かける円窓を見てみたかったので、入ってみることにしました。
次から次へと人が入ってくる状況だったので、雰囲気の良い写真を撮ることは出来なかったけれど、とても落ちつける空間でした。
これぞ、わびさびですね。

090620-7

090620-8

本堂へと上がる総門から山門までの階段脇の紫陽花は見事。
総門側から山門を見上げるようにして写真に収めると良い構図です。

090620-9

090620-10

明月院を後にした私たちは、北鎌倉から鎌倉へ移動。
鎌倉で下車ついでに、鎌倉中央食品市場に立ち寄りました。
ただの市場なのに、何故かオシャレ。
地元のスーパーでは見かけないような食材も沢山ありました。

090620-11

090620-13

090620-14

鎌倉から今度は江ノ電に乗ります。
電車好きのハムは、江ノ電に乗れることが、今回最大の喜びです。
江ノ電に乗る段階で、既に長打の列。
めちゃくちゃ混んでます。
慌てても仕方がないので、次の電車が来るまで待つことにしました。

ベンチで待っている時に目の中に入ったのは鎌倉コロッケ。
美味しいと聞いていたので、買ってみることにしました。

090620-12

090620-15

確かに美味しいhappy01
美味しい物を食べると、本当幸せになります。
コロッケで小腹を満たした私たちは、いざ江ノ電へ。

090620-16

激混みの車内は、まるで通勤ラッシュのよう。
次の目的地、長谷駅に到着して、ほっと一息です。

090620-36

長谷駅から徒歩5分の所にある長谷寺も、紫陽花で大変有名な所。
観光バスも乗り付けて、大勢の観光客で賑わっていました。

090620-17

090620-18

090620-19

090620-20

回遊式の庭園には、花菖蒲やキキョウといった季節の草花が手入れ良く植えられていて、それを鑑賞するだけでも十分満足ですが、今回の目的は紫陽花を鑑賞すること。
どこに紫陽花が植えられているのかと思ったら、紫陽花が植えられているのは、上境内の方にあるようです。
しかも、紫陽花を鑑賞するための入山制限までしている始末sweat01
入山券に記載されている番号順に、入ることが出来ます。

090620-23

090620-22

090620-24

人が沢山いて、真夏のような暑さの中、ヘトヘトだったけれど、そんな私たちの心を和ませてくれたのが、このお地蔵様。
ほんわかとしたお顔のお地蔵様に、心が洗われるようでした。

090620-21

紫陽花の小路を進んで行くと、山の斜面には沢山の紫陽花。
2500株もの紫陽花が植えられているそうです。
歩いていたら、またあのお地蔵様がいました。

090620-25

090620-26

決して険しくはない山道ですが、なんだかお地蔵様が応援してくれてるみたい。
なんだか優しい気持ちになります。
紫陽花の花の隙間から、鎌倉の街並みと海が見えました。

090620-27

090620-28

最後にこれまで見たお地蔵様よりも大きなお地蔵様が、まるで「お疲れ様」とでも言うかのように、笑顔で迎えてくれました。
このお地蔵様は和み地蔵というそうです。

090620-29

長谷寺を後にした私たちは、江ノ電に乗って次の目的地に行く予定にしていましたが、鎌倉の大仏が近くにあるということで、急遽予定変更。
昼食を済ませた後、大仏見学に行くことになりました。

090620-30

090620-31

090620-32

鎌倉の大仏は、これまで見たような見ていないような・・・そんな記憶しかなかったので、改めてこうして見学が出来て良かったです。
大仏の背中には、扉がついていて、まるで羽が生えているようでした。

鎌倉大仏の後は、私が個人的に見てみたかったスポット。
御霊神社脇の線路から見る江ノ電と紫陽花に行くことにしました。
あまり有名でないスポットだと思っていたのに、意外と人がいたことに驚きました。
「鎌倉 江ノ電 紫陽花」をキーワードに、ネットで情報収集していた時にたまたま見つけた所だったのですが、同じ考えの人もいるものですね。

090620-33

090620-34

090620-35

線路脇に人がズラズラと並び、皆カメラを持って江ノ電を待ち構えます。
紫陽花と江ノ電を入れた構図を撮るのに、とても苦労したけれど、なんとか撮影。
意外と江ノ電のスピードが早いので、あっという間に通り過ぎて行ってしまいます。
今の時期しか撮れないこの構図を求め、各地から集まってきた人たちと、その一瞬を共有する。
なんだか面白いですね。

紫陽花と江ノ電(後編)に続く。

pc 明月院

pc 長谷寺

pc 鎌倉大仏

pc 御霊神社

このページの上部へ

About

「ハム&アイの悠々閑々RL生活」は、Hamusuke & AyseのRL日常を綴ったブログです。
iPhoneなどのスマートフォン向けサイトもあります。スマートフォンでこのページを開くか、URLの最後に i を付けていただけばOKです。

プロフィール

Name : Ayse
Partner : Hamusuke

サイト内検索

最近のコメント

Powered by Movable Type 5.2.9