しばらくぶりにインしてみたら、Nisekoの家々が雪化粧を始めている所がいくつかありました。
「ふうふ逢」も冬支度をしなくてはなりません。

今回「ふうふ逢」をリニューアルさせるに際してのコンセプトだった『開放感』。
この『開放感』で全開だった北側の窓を閉め、南側のカウンター側の扉向こうに、新たに出窓を作ってみました。雪が解けて春になったら、出窓をはずせば元の扉だけになります。
ストーブに薪をくべて湯を沸かし、お客さんが座る座布団の下も、畳から温かいラグに変えてみました。
庭には雪化粧した芝生と、雪の被った木々を置いて、池には薄く氷が張ってあります。
すっかり冬支度を整えた「ふうふ逢」を見たら、ちょっぴりHirafu(旧Niseko Hirafu)が懐かしく思えました。

house 喫茶 ふうふ逢