2008年2月のエントリー 一覧

欲張りデート

  • Ayse
  • Date

昨晩の「HBCバーチャルエジプト展セカンドライフスペシャルイベント」の後、「ふうふ逢」に戻った私たち。
ここ最近は、めっきりお客さんが来なくなって、閑古鳥状態。
ハムと二人、こんな姿でくつろいでいることもしばしば・・・。

手にしてるのは「かっ○えびせん」。
むしゃむしゃと食べてます。
今夜はお客さんも来ない様子なので、ハムとデートに出掛けることにしました。

SNSの仲間うちの日記などから、デートコースを拝借。
まず向ったのは、つい先日もハムと一緒に出かけた日本のレトロな街並みのSIM。
ここには、ちょっとお下品なボールがあるという話しを聞いたので行ってみることにしたのですが、周りに人がいたので、試す勇気が持てず帰ってきてしまったのです。
だけど、今日はなんだか試してもいいという気分だったので、実はこっそりイベント前に私は試してきてしまいました。
その話をしたら、ハムもやってみたいと言うので、行くことになったんです。

残念ながらその画像は、この日記に掲載することは恥ずかしいのでやめておきます。
だいたいその写真撮ってないし〜〜。
代わりと言っては何なのですが、こんな感じの所だよ〜〜という写真を掲載させて頂きます。

ハムは、こういう日本のレトロな街並みが大好きなんだって。
どこか懐かしいような、ほっとするようなそんな素敵なSIMです。

一通り巡った私たちは、次にイチさんやコメちゃんが行って来たという「妖怪神社」に行ってみることにしました。
コメちゃんから、ここに行ったら深夜設定にした方が雰囲気が出るよと言われていたので、早速深夜設定にしてみました。

なかなかの雰囲気。
提灯を手に、鳥居をくぐりました。
歩いていると、ものすごい効果音に途中ビックリしたけれど、なんだか面白そう〜〜。

しばらく歩くと橋が見えてきました。
橋の途中でこちらをジッと見ている視線が・・・。
出た〜〜〜一つ目小僧です。
RLではお化けの類が苦手だというハムですが、一つ目小僧に乗っかって、こんな写真を撮ってきました。

またしばらく歩くと、大きなご神木が見えてきました。
イチさんやコメちゃんが持っていたお化けは、ここで手に入れることが出来るようです。
1回10L$のお賽銭を入れると、ランダムに5種類のお化けを入手することが出来ます。
私たちは5種類のお化けを全部集めたかったので、すべてのお化けが出揃うまで粘りました。
ハムがかけたお金は90L$、私は100L$使ってしまいました。
だけど、全種類集めたよ〜〜。


一つ目小僧


ろくろ首


雪女


お岩さん


から傘

ハムは一つ目小僧を、私は雪女を装着して、記念撮影です。
いつでも、どこでも写真を撮る私たち。
見えてはいけないものが写り込んでたりして〜〜。

ここで十分に遊んだ後、イチさんオススメの場所に出掛けました。
もうすぐ、ひなまつりですよね。
ひな壇のキャンプがあるというので、写真を撮る目的でキャンプしに行きました。

まずは、みかんちゃん&みかんくんで座ってみます。
かわいい〜〜〜♪
向って左がハムで、右が私です。

最後はやっぱり人間の姿で。
ついでに着物に着替えてという欲張りよう。
キャンプは20分間で、キャンプを終えた後ショッピングモールにある玉手箱をクリックすると、アイテムかL$がもらえます。
今夜はいろんなところに出掛けられて、大満足の一日でした。

foot 「JAPAN DREAM KENJIN

foot 「妖怪神社

foot 「JPL OSAKA (ひなまつりキャンプ)

クイズに挑戦!

昨晩は、Niseko3にある「HBCもんすけスタジオ」にて、「HBCバーチャルエジプト展セカンドライフスペシャルイベント」が開催されました。
イベントでは、エジプトにまつわるクイズが出題され、クイズの正解者には豪華な賞品が送られるということで、私も行ってみることにしました。

会場に着くと、沢山の人で賑わっていました。
それもそのハズ!!
なんと今回のイベントには「謎の美女」と言われる方がゲスト出演されるということもあってか、何気に男性アバターの数が多かったようにも見受けられました。
さて、その美女とやらは??

「謎の美女」の登場です。
名前をホシリーナ(星りな)さんと言います。
クレオパトラのような衣装を纏い、ややテンション高めのM.Cで、会場内も一段と明るく賑やかになりました。

さてクイズですが、全員に参加資格があるものと思いきや、なんと会場内のどこかに隠されたカプセルを探して、その中に入っているゼッケンを装着した人10名までという条件付きのものでした。
まずは参加資格を得ないことには始まりません。

カプセルを探すために少し飛んでみようかと思ったら、案外近くで発見!
たぶん、一番最初に発見したのは私だったのではないかな?と思います。
山に書かれた「HBC」サインの文字の所に、文字に交じって置いてあったんです。
クリックしてカプセルを取り、装着したら手に大きなカプセルが付きました。

HMCスタッフのHolland Iretonさん(以後、Hollandさん)から、カプセルの中のゼッケンを付けてくださいとIMが入りました。
カプセルを地面にRezして、中に入っているゼッケンを取り出しました。
それを装着したら・・・髪の毛が取れてハゲになってしまった〜〜。
装着先を変更して、なんとか頭の上にゼッケンを乗せることが出来ました。
ゼッケン番号は「2番」。
やった!!まずはこれで参加資格は得られたよ。

ステージの上には、番号が書かれた場所があって、ゼッケンを取得した人は、そこに並ぶことになったのですが、ここで問題発生!
なんとこのカプセル、10個だけじゃなかったんです。
ゼッケン番号が重複してて、1つの番号に2〜3人の人が出てきてしまったんです。
ステージ上は大わらわ。
しばらく中断の後、ゼッケンを取得した人全員に参加資格が得られました。
さっすが〜〜〜w

時間も押し迫っていたので、クイズ開始です。
ゼッケン番号を呼ばれた人は、ステージ中央の席に座り、そこでクイズが出題されます。
クイズの内容は、エジプトにまつわる内容で、解答方法は三択です。
1番目の人から順番に行く予定だったのですが、1番目の人がまだ来ていなかったので、2番目だった私が呼ばれました。

ドキドキ・・・。

問題です!ギザのピラミッドを作らせた王様の名前は?
A(クフ王)・・・B・・・
この段階で答えがわかっていた私は、すかさず「A」と答えました。
簡単な問題で良かった〜〜〜♪

世界史の授業は嫌いだったけど、小説やマンガ、Google Earthを通してそれなりの知識はあった私。
恥かかなくて済んで本当良かったです。
クイズに正解した賞品として、手回し発電機能つきラジオ&100L$がもらえるそうです。
やった〜〜。

クイズを終えた私はステージから降りて、今度は観客として見守りました。
よくよく見ると、仲間うちも沢山出ていました。
仲間がクイズに挑戦している姿を写真に収めたので、ここで披露させて頂くことにしましょう。
(特に皆さんに断りを得ていませんが、ご了承下さいね。)


ジュリアンさん


ヤスさん


ナチュさん


キタロウさん


ツキヨさん


ピカさん

そうそうたる人たちでしょ。
中には少々難しい問題もありましたが、大ヒントをくれたのでほぼ全員正解。
イベントの最後には、RLホシリーナ(星りな)さんの映像が写し出され、イベント終了となりました。

ハムがインしたようなので、早速報告しなくてはなりません。
居場所を探すため上空に上がった私の近くに、ハムがいました。
迎えに来てくれたのかな?
すぐさまイベントであった事を報告したら、喜んでくれました。

その後、「ふうふ逢」までバイクで向かったのですが、ハムが突然落ちてしまい、ヒラフに向かうトンネルの途中で立ち往生。
もんすけスタジオに集まった人たちは、総勢50名くらい。
一ヶ所にそれだけの人数が集まると、かなり厳しいものがありますね。

楽しいイベントの後は、ハムとの時間。
デートの内容は、次の日記でご紹介しま〜す。

foot 「HBCもんすけスタジオ

ヨットが動いた〜〜

昨日は「ふうふ逢」に行くと、お客さんが一人いました。
久しくお会いしていなかった人でしたが、ハムを含む常連さんもよくご存知の人です。

しかし、声をかけても返事がない。
すっかり寝てしまっているようです。
私が寝たのはすっかり朝になってからでしたが、その後来てハムたちと話し込んでいたのでしょう。
寝顔だけ写真に収めて、その人に送っておきました。

お客さんを起こさないようにそっと「ふうふ逢」を出た私は、エメバーに行ってみることにしました。
エメは起きていましたが、こちらも眠たそうです。
少し話をした後、再び「ふうふ逢」に戻りました。

お客さんはまだ寝ています。
こういう時に限って、お客さんがなかなか来ません。
ぼけ〜〜〜っとしているのももったいないので、「ふうふ逢」のBGM探しをしました。
BGMにかける選曲って、なかなか難しい。
インターネットラジオからアドレスを取得しているのですが、バリバリのロックじゃ合わないし、カントリーってのもね〜。
クラシック系もなんだか疲れるし、最終的には以前ハムから教えてもらったスロー系の音楽にしてみることにしました。
しばらく音楽に耳を傾けながら、またまたぼけ〜〜〜っと画面を眺めていました。

「ふうふ逢」の窓から見る海を眺めていて思い出しました。
実はこの間、私ヨットを買ってしまいました。
ヨットを持つのって、なんとなくかっこいいでしょ〜〜。
買ってきたものを出して、ハムや常連さんたちと乗ってみたのですが、使い方がよくわからなくて、動かすことが出来なかったんです。
説明書のノートは全部英語だし、時間のある時にゆっくりやってみようと思っていて、すっかり忘れていました。

他のお客さんも来ないし、やってみようと思い立ち、「ふうふ逢」の裏手の海にヨットを出してみることにしました。
英語で書かれたノートをジーーーーーーっと眺める。
ふむふむふむ・・・。
全く理解出来ないけど、単語を追っかけてなんとなく解釈しました。

ボールを出して、操舵席に座って、ヨットを装着。
え?装着??
ヨットを着るっていう感覚になかったので、これまでRezしていたのですが、よくよく見たらWearと書いてありました。

装着したら、ちゃんとヨットに乗ってる^^
HUDも装着して、あれこれいじっていたら、ゆっくりと動き始めました。
なかなかの感動ものです。

帆が風を受けて、ゆっくりと動いています。
丁度ヒラフに遊びに来ていた外人さんが、「Ayse. Nice Boat」と声を掛けてきたので、「Thank you」と応え返しました。
ん〜〜なんか私ってかっこいいかも^^
そのまま建設中の千歳SIM側までゆっくりと進めていきます。

千歳SIMはまだ入れないので、方向転換しようと思ったのですが、上手く出来ない。
だいたい操縦方法をいまいち把握していなかったので、とりあえず何かのキーを押してたり、HUDのボタンを適当に押しているような状況です。

ヨットは勝手に動いているし、あっという間に千歳SIMの海域へ入ってしまいました。
すると、今まで浮いていたヨットが突然沈没。
装着していたヨットをはずし、ボールをTakeして、立ち上がろうとしたのに、座ったまま。
ガチャガチャとキーを連打し続けましたが、直らず。
リログを余儀なくされました。

リログから戻った「ふうふ逢」の店内から再び外に出ようとしたら、「ああああああああ」という声が。
寝ていたお客さんが起きたようです。
そこでしばらくお話をした後、そのお客さんは帰っていきました。
ここで一日放置かと思っていましたが、起きてくれて良かったです。
また遊びに来て下さいね〜〜〜エリさん^^
(*≧m≦*)ププッ

その後しばらくすると、「ふうふ逢」の店内に突然現れたお客さんが。
やはり昨日話し込んでいた仲間のシュウちゃんです。
いろんな話から、最近面白いゲームがあるというので教えてもらいました。
TPで呼ばれた先では、山積みになったゲームが無料で手に入れることが出来ます。

「マグスル東京殺人事件」というタイトルのゲームは、RPG感覚で殺人事件の犯人を究明していくというものです。
早速やってみようとしたら、突然落ちてしまいました。
でも、ゲームは入手することが出来たので、また時間のある時にやることにして、店に戻ることにしました。

夜、ハムがインしたので、早速ヨットに乗せてあげました。
ゆっくりと進むヨットに揺られながら、他にはどんな機能があるかをチェック。
だけど、やっぱり使い方がわからない。

それから、先日のスクリプトを見てもらうことにしました。
スクリプトコードを見たハムは、間違っている所を指摘してくれて、今度はきちんと複数行表示されるようになりました。
やっぱり頼りになるね〜〜〜。

「ふうふ逢」のお気に入りのラグに腰かけて、しばらく話をしました。
今日あったことを報告しては、笑い合う。
こんな時間が私は大好きです。

スクリプトをいじってみる

「ふうふ逢」のメンテナンスの一貫として、初めてスクリプトをいじってみました。
スクリプトと聞いただけで難しそうだと、これまでハム頼りにしていたところがありますが、今夜は時間が出来たので、手元にあった書籍やウェプを駆使して、いじってみることにしました。

まずは、「ふうふ逢」に設置してあるホットココアサーバーに、「クリックしてご自由にお飲み下さい」という文字を付けてみました。
このように、オブジェクトの上に文字を表示させることを、「フローティングテキスト」と言うそうです。
ホットココアサーバーは直接いじることが出来ないので、透明オブジェクトを使って出すことにしました。

オブジェクトに書き込んだスクリプトは
==============================================================
default
{
state_entry()
{
llSetText(llBase64ToString("44Kv44Oq44OD44Kv44GX44Gm44GU6Ieq55Sx44Gr44GK6a
Oy44G/5LiL44GV44GE44CC
"), <1,1,0>, 1.0);
}
}
==============================================================

青字部分が、「クリックしてご自由にお飲み下さい」という内容になります。
ついでに、この英語板も作ってみました。
できた〜〜〜。
これで味をしめてしまったので、次にあるオブジェクトをクリックすると、ホームページへリンクすることのできるスクリプトもやってみました。

==============================================================
default
{
state_entry()
{
llSetText("Ayse's Blog", <1,1,1>, 1.0);
}
touch_start(integer num_detected)
{
key gAvatarKey = llDetectedKey(0);
llLoadURL(gAvatarKey, "Ayse's Blog \n Please Click Here", "http://ayse.slmame.com/");
}
}
===============================================================

リンク先に指定したこちらのブログが、きちんと表示されました。
だけど、ここで問題発生!!

さっきのフローティングテキストの応用で、複数行のテキストを表示させたくて、「\n」(複数行表示させる命令)を入れたのに、上手くいきせん。
「"Ayse's Blog \n Please Click Here"」と入れているのに、表示されている文字は「Ayse's Blog」だけ。

んんん〜〜〜〜なんでだ??
やり方が違うのか??
スクリプトに詳しい方、どなたか教えてくださ〜〜〜い。

house 「喫茶 ふうふ逢」

この間、ハムからあるテクスチャをもらいました。
それはテクスチャのズレがわかるもので、「ふうふ逢」の壁をこれで確認すると、ズレがあるのが一目瞭然でわかるというものです。

ハムが手作りで作ってくれたこのテクスチャを使って、昨晩は「ふうふ逢」の壁に貼ったテクスチャのズレを直す作業をしました。
最初は使い方がいまいち理解出来ていなかったけれど、いくつか作業をしていくうちに要領がわかってきました。

私が作業をしている間は、ハムが窓から降る雪や、窓から漏れる光、ドア上の看板付近に電球をつけてくれました。
いずれも、WindLightで入って頂くと、その効果がわかるような仕掛けになっています。

店内からこぼれる光が庭先に照らし出され、温かみのある情景を作り出しています。
「ふうふ逢」のメンテナンスも、ほぼ終盤になってきました。
今朝は少し早めに起きたので、日記用の写真を数枚撮っていたら、お客様がみえました。

声をかけてくれたのは、シェンモーさんです。
この間、シェンモーさんのスナックに遊びに行ったのですが、誰もいなかったので帰ってきたことがあります。
たぶん、それを思い出して立ち寄ってくれたのでしょう。

店内に入ってもらい、少しだけお話をして帰っていきました。
とても素敵なアバターさんです。
シェンモーさんが経営するスナックでは、一人三役(シェンモーさん、お母さん、おばあちゃん)をこなす彼女の姿を見ることが出来ます。
まるでひとつのドラマを見ているかのような展開が、とても面白いんですよ〜〜。

さて、今夜は何して遊ぼうかな。
その前にちょっと仮眠しよ〜〜〜っと。

house 「喫茶 ふうふ逢」

foot 「スナック 莎 -shen-」

パジャマパーティー?

昨晩は、エメさんとモモさんと3人で、とある場所に遊びに行きました。
というのも、エメさんがこの土地を借りることを決意したからです。
残念ながら、エメさんの個人的都合により、その場所は控えさせて頂くことになりましたが、彼女なりの言葉で言うのであれば、「隠れ家」とだけお話しておきましょう。

借りる予定にしている「隠れ家」の下見に行ったのですが、とても素敵な所です。
解放感があって、海がとてもキレイで、癒される場所です。
土地だけでなく、家や家具も全て借りられるとの事で、(契約前なのに)室内に入って全て見て回ってきました。

ベッドに横になると、モモさんが側にピタッとくっついてきました。
それを見たエメさんも、すかさずベッドに進入。
女3人のパジャマパーティー(?)の開催です。
まだ契約してないのに、いいのかな〜〜??

女アバター3人の寝姿・・・。
あやしいけれど、なかなか良いでしょ^^
ベッドに入ると、ちゃんと目をつぶるんですよ〜〜〜。
波の音を聞いていると本当に眠くなってきちゃいそうです。

実は私たち、RLの友達であり同じ学校に通った同級生。
SLの中で、こうして3人で一緒にいたのって、これまでそんなに無かったんじゃないかな??
ベッドに潜り込んで、キャーキャーと騒いでいる姿は、学生時代に戻ったようでした。

やっぱり ここが好き

私とハムは、ニセコ2のハムが借りている土地に住んでいます。
私たちが結婚する前までは、ここにはハムが経営する「Bar なまはむ」があったのですが、結婚を機に二人の家をここに建てることになりました。
家は購入したものになりますが、あちこち回って見比べて、二人が気に入った家を購入しました。
冬になると、周りの家々が雪化粧を施し始めたので、私たちの家も冬仕様に手を加えました。

その後、私がヒラフの土地を借りて、「喫茶ふうふ逢」を始めることになった訳ですが、ヒラフは一年中冬。
RLの季節も冬ということもあったせいか、雪景色が少々飽きていたのかもしれません。
先日行った高級リゾート分譲地が、とても気に入ってしまって、土地を購入してしまおうかと思い立ってしまったのです。

その高級リゾート分譲地の景観もさることながら、私もハムも気に入ってしまったのが波音。
ニセコ2の我が家に設置してある波音とリゾートで聞く波音は全く異なっていて、リゾートで聞く波音にはアルファ波を出しているかのような、リラックス効果があります。

リゾートを購入すべきか否か、ハムと相談するために、現地へと向かいました。
その時点では、家がいくつもあっても仕方がないので、もったいないから「諦める」。
そう自分で言い聞かせて、行ったようなものです。

現地に着いて、目の前に広がる景観を堪能しました。
やっぱり素敵!こんな所でのんびりしたいな〜。
私もハムも同じ気持ちだったと思います。
だけど・・・・・・。

何の気なしにリゾートの波をチェックしていたハムが、波の販売先を発見。
この波音は捨てがたかったので、二人で波を販売している所へ向かいました。
リゾートに設置されたものと同じ波が売られていて、ハムがすぐさま購入。
ニセコ2の自宅に戻り、購入した波を今までの波と置き換えることにしました。

ザザーン、ザザーン、ザザーン・・・・・・。

あ〜〜この波音だ。
五感を刺激するこの波音に耳を傾けていたら、ニセコ2にいるはずなのに、目の前にはリゾートが広がっていました。
そう思ったら、これで十分だと思えるようになってきたんです。

うん!これでいい。
自分たちの思い描くリゾートを、ここで再現すればいいじゃないか!!
ここが私たちのリゾートだ!!

それまで悩んでいたのが嘘のように気分が晴れ晴れとして、改めてニセコ2のこの土地が好きになりました。

(後記)
ヒラフは一年中冬なので、ニセコ2の自宅は夏仕様に切り替える予定です。

house 「Hamusuke & Ayse's Home」

house 「喫茶 ふうふ逢」

先日、ニセコ町長であるユリワカさんの個展『garden』に行ってきました。
爽やかなグリーン色の特設会場の中には、町長が描いた絵や製作したタイニーグッズ等が販売されています。
イスに座って、オレンジジュースを飲みながら、鑑賞してきました。

町長の描く絵は、とてもかわいい〜〜。
なんとなく、わたせせいぞうの「ハートカクテル」っぽい。

真ん中に鎮座しているのは、チャックが付いたかわいいキャラクター。
ミニチャック?だったかヤマチャック?とかいう名前のタイニーだったと思いますが、こちらも町長の作品です。
すごいですね〜〜。

羊蹄山を望みながら、ほっと心温まる空間でした。

foot "garden" main area  ※2月8日〜28日まで開催中

戦争と平和

昨晩は、「ふうふ逢」にまたまた新しいお客様がみえました。
常連のコメちゃんが連れて来てくれたのは、toraziro Aichiさん(以後、トラさん)とTes Tronconさん(以後、テスさん)。
しばらくみんなでいろんな話をしていたら、そこにニセコ町長であるyuriwaka Urizaさん(以後、ユリワカさん)がいらっしゃいました。
町長は、個展を開いている真っ最中。
私は、まだ足を運んでいなかったのですが、少しでも広くお知らせしてあげようと思い、ポスターをもらって「ふうふ逢」に設置することにしました。
今夜も「ふうふ逢」は大繁盛です。

その後、コメちゃんとトラさんとお出掛けして「ふうふ逢」に戻ってきたら、ヤスさんからIMが入りました。
最近ヤスさんがハマっているモノ作り講座がこれから始まるそうで、私も行ってみたいと話しをしていたので教えてくれたんです。
TPで呼ばれた先には、大勢の人たちでごった返していました。
丁度、エメからIMが入ったので、モノ作りが苦手だというエメも誘って、3人仲良く講座を受けることにしました。

この講座は、「初級編モデリング講座」と題された講座で、モノ作りを始める人、始めたばかりの人にはもってこいの内容です。
サンドボックス内で開いているので、実際にその場でモノ作りをしながら、また映像を見ながら覚えることが出来ます。
ふむふむと聞いていたら、突如SIMの空が真っ黒になってしまいました。
何が起こったのかと思っていたら、核爆弾だと言います。
核だぁ〜〜〜〜〜?!
見ると、講師の方がSIM外に飛ばされている映像が出てきました。
SIM全体が半球形のようなものに覆われています。

隣にいたはずのヤスさんも飛ばされてしまったようで、何が起こったのかわからない様子。
核爆弾らしいと話しをしたら、ものすごくビックリしていました。
核が取り除かれ、元の青空が戻ってきました。

今夜も「Bar Emeraldas」主催のイベント(イン会)が23時から催すことになっていて、その時間も迫って来ていたので、私とエメは先に会場に戻ることにしました。
せっかく真面目に聞いていたのに、突然の核騒動で講座どころではなくなってしまいました。

イベント会場である奥多摩に着いて、みんなと合流。
続々とお友達が宴会場のあるスカイボックスにやってきました。
あ〜〜〜やっぱりここは平和だわ。

今回の「Bar Emeraldas」主催のイベントは、オフ会ならぬイン会。
先週行ったオフ会の延長で、オンラインで集まったメンバーで、飲み食いするというものです。
数日前の「ねるとんパーティー」に引き続き、今回も焼肉セットの出番です。

キタロウさんは、オフ会で私たちが用意したネームプレートを、わざわざアバター用にも作っての登場です。
「あ〜キタロウさん!!そのネームプレート〜〜〜!!」って言ったら、「え?!みんな付けて来なかったの?」だって。
こういう芸の細かさが、またまたみんなの注目の的。
最近、いじって欲しいキャラになってしまったキタロウさんを、みんなで囃し立てました。

まだまだ付き合いとしては浅い人たち、RLも含め長い付き合いをしてきた人たち。
ここに集った人たちは、主催者であるエメを中心に広がっていった、たくさんのかけがえのない友人たちです。


ヤスさん&モモさん


ホリーさん


エメ&ハム


コメちゃん&トラさん


キタロウさん&アイ

夜も遅くになってきたので、一人消え、また一人消え・・・。
最後に残ったのは、ほぼいつものメンバー。
そんな中、帰ろうとするキタロウさんを捕まえて、またまたいじって遊んでしまいました。

これ、なんだかわかりますか??
キタロウさんのタイニーアバターを原寸大の大きさで撮影して、そこにキタロウさんを埋め込ませた図です。
写真かと思いきや、実はアバターが潜んでいるという状況を作り、顔の部分に穴を開けて、観光地などにある写真撮影用の看板にしようかという案や、キタロウさんのタイニーアバターをテクスチャにして、(木々などにあるような)立体的な少プリムのオブジェにしようかという案をみんなで出し合いながら、遊びました。
お腹がよじれる程大笑いをして、イン会の最後はこんな写真を撮って終了となりました。

今日も一日、とっても楽しかった〜〜〜。
・・・とここで終わりではありません。
今夜は土曜日。
明日もお休みなので、今夜はのんびりとSLを満喫します。
週末の度にこんな調子ですが、ゆっくり時間をかけて遊ぶことの出来る唯一の時間です。

エメに誘われて向かった先は、高級リゾート分譲地。
SIMを管理するオーナーさんの案内で、あちこち見せてもらうことになりました。

モデルルームのテラスでは、こんな景観を楽しみことができます。
いかにもリゾート!とても素敵な景観に、私はただただ酔いしれていました。

こんな素敵な所に住めたら、どんなにか素晴らしいことでしょう。
このSIMでは、景観を損ねないようにするために、家はほとんどSIM側で用意してくれるそうです。
その分、ちょっとお高い料金設定ではあるようですが、確かにこの景観は崩して欲しくないのも頷ける話でした。
波の音が優しく脳裏に響いて、いつしか瞼も重たくなってきました。
今夜(早朝になっていましたが)も素敵な一日になりました。

house 「喫茶 ふうふ逢」

foot 「Walker Island: SandBox」(初級編モデリング講座)

foot 「Bar Emeraldas Event Place」

ハートフルな一日

昨晩(14日)は、「Bar Emeraldas」主催のイベントが奥多摩で行われました。
今回のイベントは、「ねるとんパーティー」。
SLでのカップル誕生を応援する企画です。

私もハムも既に夫婦になってしまっているので、参加することはできませんでしたが、ハムが会場作りをしていたので、私は記念の写真を撮りに会場に入りました。
頭の上に「売約済」のタイトルを付けてね^^。

会場がある奥多摩での野外パーティーです。
私が行った時には、沢山の人たちが焼肉セットに集まっていました。

WindLightで入ったのですが、焼肉セットの湯気が白く光ってしまい、参加された方々の顔が光ってしまっています。
あちこちに知った顔もチラホラ。
みんな楽しそうに飲んだり食べたりしていたので、私はそのまま写真を撮り続けました。

これは、今回のイベント用のポスターです。
私たち夫婦をモデルに使ってくれました。
カップル成立の方には、HOTEL MOONLITのスイートルームをプレゼントだって〜〜〜♪
いいなぁ〜。

これが噂の「なまはむセット」。
ハムがニセコ2に引っ越してきた当時、「Bar なまはむ」というお店を営業していました。
その時に使っていたセットです。
あのイスに座っていたよな〜とか、ここでダンスしたっけ〜とか、いろんな思い出が思い返されます。

次に上空500mまで上がって、カップル用のプライベートダンスホールの写真を撮りに行きました。
ハートの形をしたプチダンスホール。
カップルで使うには十分な広さでしょう。
ここでしばらくボケーっと夕日を眺めていました。

今日はバレンタインデー。
夫婦である私たちにも、そんなイベントには乗っかっておきたいものです。
っていうことで、ハムがインしたら出掛けられるように、デートスポットを検索。
実際に現地に飛んでみて、雰囲気を確かめに下見もしてきました。
いくつか素敵な所があった中で、いかにもバレンタインデーにふさわしい場所をセレクト。
ハートがた〜〜〜〜〜くさん舞い散るダンスホールです。

ハムがインするまで、そこで待機することにしました。
海側のテラス席にあるテーブルには、極上(と思われる)ワインとグラスが置いてあり、雰囲気作りもなかなか。
一人黄昏ながらイスに腰掛け、愛する人を待つ喜びに浸っていました。

ハムがインしたのでIMしたのですが、返事がない。
気がつくと、ハムが突然目の前に現われました(お互いの居場所がわかるようにしています)。
しかも土方服のままで登場〜〜〜。
やってくれました!!ヾ(@^▽^@)ノわはは
場違いなのがわかったハムは着替えに戻っていきました。

再びハムの登場。
今度はキチッとしたスーツに着替えてきていました。
どことなしか、今日のハムは優しい表情をしていました(気のせい?!)。

少し話をした後、ダンスをすることにしました。
ここのダンスホールは、ボールがあちこちに点在しているタイプのダンスホールではなく、ハート型のオブジェをクリックするとボールが出てきて、メニューから好きなダンスを選ぶことが出来ます。

スローダンスから激しいのまで、いろいろあって楽しめました。
中にはこんなのも。
プロポーズは、何回やってもいいかも^^。

ハートフルな一日になりました。
「Bar Emeraldas」の次のイベントは、2月16日(土)午後11時より、焼肉パーティーを奥多摩の同会場で行う予定です。
オフ会ならぬイン会ということらしいので、是非この機会にお友達との親睦を深められて下さい。

foot 「Bar Emeraldas Event Place」

foot 「The Love Bugg Club & Mall」

このページの上部へ

About

このブログの説明などを自由に。
iPhoneなどのスマートフォン向けサイトもあります。スマートフォンでこのページを開くか、URLの最後に i を付けていただけばOKです。

プロフィール

運営している人のプロフィールとか入れたりしても良いんじゃないかな。

サイト内検索

カテゴリ

最近のピクチャ

最近のコメント

Powered by Movable Type 5.2.9