2008年1月のエントリー 一覧

ピンクのヒラフ

(1月27日の日記です)

昨日から、WindLightでSLを始めることになりましたが、空と雲の動き、光の輝きと海の青さと透明感は、とても素晴らしいですね。
ついつい見入ってしまうほどのキレイさ。
「ふうふ逢」で一人お客さんを待つ間、自分の写真を撮って遊んでいました。

ふと気がつくと、あたりがピンク色に染まっています。
ヒラフの真っ白い雪景色が、朝日に染まってピンク色に輝いていました。
フンコロさんの結婚式場もピンク色になっていて、とってもキレ〜〜〜イ♪

しばらくして、ハムがやって来ました。
固まったり重かったりして、なんだか調子が悪いようです。
ニセコを管理するyuichiさんに相談して、ヒラフを再起動かけてもらうことになりました。
その間、私たちはニセコ4に避難。
またしても、再起動中の写真を撮ってみました。


↑ 再起動中


↑ 再起動後

SIMの再起動中は、そのSIMは海になってしまいます。
なんだか、面白いですよね〜〜。

今夜も「ふうふ逢」には、たくさんのお客様が来てくれました。
momo Ayaさん(以後、モモさん)、エメ、キタロウさん、Takeshi Iwishさん(たけしさん)、コメちゃん。
SIMを再起動させたにも関わらず、相変わらずPCの調子が悪いハムは、オンオフの繰り返し。
なんとか復活し、やっと落ち着いて話しができるようになりました。

今日は「ふうふ逢」の店内に、陳列棚を設けました。
そこに、「みかんちゃん」&「みかんくん」を置いてあげることになったのです。

実は先日、「みかんちゃん」&「みかんくん」の生みの親であるキタロウさんから、この商品は売れないので販売中止にしたという話がありました。
モノが悪い訳では決してありません。
こんなに愛嬌たっぷりのタイニーなのに、売れないからと引っ込めてしまうのは、正直もったいない!

先日ハムが「みかんくん」の姿で海外SIMに行ったら、海外女性から大変気に入られたそうです。
ヒラフにはスキー場があって、海外の方もよく訪れます。
「ふうふ逢」にも海外の方が来ることも多いので、設置しておけば、もしかしたら売れるかもしれません。
キタロウさんを説得し、「みかんちゃん」&「みかんくん」を置くことになりました。

タイニーアバターをお探しの皆さん、是非「みかんちゃん」&「みかんくん」をお買い求めください。
「ふうふ逢」に、ご用意してありま〜す。

house 「喫茶 ふうふ逢」

みかんな一日

(1月26日の日記です)

本日から、これまでのデスクトップPC(Windows XP)から、ノートPC(Windows Vista)に変えることにしました。
ついでに、ハイスペックなノートPCになったので、WindLightでSLにインすることにしました〜。
だけど、デスクトップとは操作感が違うせいか、思うように動かせません。
ハムに協力してもらって、ヒラフでソリを動かしながら、操作に慣れることにしました。

しばらく遊んだあと、先日行った「立体迷路」の近くのタイニー専用のカフェに行くことになりました。
最近の私たち、ちょっとタイニーにハマってます。
「ふうふ逢」の常連である、キタロウさんが作った「みかんちゃん」&「みかんくん」が一番のお気に入り。
キタロウさんも呼んで、タイニー専用カフェでしばらく遊ぶことにしました。

かわいいでしょう〜〜。
どっちがハムで、どっちがアイかわからないと思いますが、向って左がハムで右がアイです。

普段、人間用のモノばかり見ていたけれど、タイニーになるとまた違った世界が味わえます。
タイニーの姿でも、専用のボールに乗れば踊ることも出来るし、リラックスすることも出来ます。
タイニーカフェの近くには、タイニー関連グッズや楽しそうなモノが沢山売られていて、物珍しいさで物欲がムラムラっ。
ハムも私も、タイニー用の車とバイクをお買い上げ〜〜♪

SIMの名所案内(TP)のコーナーがあって、ニセコSIMの温泉やヒラフのスキー場もありました。
突然ハムが、「ここ行きた〜〜〜〜い」と叫んだので見てみると、そこには「トランスフォーマーsecter 7」と書かれてあります。
映画「トランスフォーマー」にちなんだSIMなのでしょうか??
私も興味があったので、一緒に行ってみることにしました。

近未来的な雰囲気の入口です。
エレベーターに乗って、着いた先には・・・・・・。

すごい!!
なんていうか、まさにその世界にどっぷりと入ってしまったかのような、とても手のこんだ作り。
WindLightで見ているせいでしょうか??
蒸気だとか機械類とか、光の具合まで、計算し尽くされたかのような臨場感が味わえました。

「みかんちゃん」の姿で、機械類を眺めている様子が、なんともかわいいでしょ。
この映画は、まだ観たことがなかったのですが、観てみたくなってきました。

「トランスフォーマー」を十分に堪能した私たちは、ニセコの自宅に戻り、夕日がキレイだったので写真に納めてみました。
ちょっと黄昏てる感じがいいでしょ?!

「みかんちゃん」のまま、どこか景色の良いところで写真を撮りたくなってきた私たち。
お友達のナチュさんの店の前に、コスモス畑が出来たという日記を読んだので、行ってみることにしました。

コスモスと菜の花(?)畑は、タイニーサイズでは埋もれてしまう程です。
とてもキレイなお花畑でしたよ〜〜。
イスが置いてあったので、座ってみると・・・およよっ!
アニメーションが入ってて、寝返りをうってます。
人間アバターだったら、さぞかしセクシーでしょうが、タイニーなので微妙でした。

写真に良さそうな構図を探していたら、ハムが「羊蹄山が噴火してる!!」と言います。
はて?なんのことやら??と思い、羊蹄山に行ってみると・・・

確かに噴火しています。
しかも、羊蹄山の山頂には外国の方らしき女性アバターが2名いました。

ハムが、果敢にも英語で話しかけ、パーティクルを止めるように注意しています。
私は英語は出来ないし、翻訳機を出すのも面倒だったので、傍らでその様子を眺めていただけ。
悪い人たちではなかったので、すぐに噴火を止めてくれました。
これでニセコも安泰です。

今日は、いろんな発見を感じた一日になりました。

foot 「タイニーカフェ」

foot 「トランスフォーマーsecter 7」

foot 「ナチュさんのコスモス畑」

祝!ソリ大会でハム優勝

昨晩は、とても中身の濃い一日になりました。
今日の日記は、写真を沢山載せてますので、あらかじめお知らせしておきます。

まずは、これ買っちゃった〜〜〜♪
お友達のshenmoe Nagyさん(以後、シェンモーさん)作「おなじ名前のおんな」という名前のスケ番セット。
ヤンキー座りアニメーション&ジェスチャー、スケ番専用セーラー服(夏・冬)、便所スリッパ、タバコが入ってます。
シェンモーさんの店「道楽ショップ」で購入できま〜す。

この服装に着替えて、ハムに会ったら、「なんじゃ〜〜〜?」だって。
「怖〜〜〜い」「お母さ〜〜〜〜ん」と泣き喚くハムに、「おらおらぁ〜〜 にぃちゃん金かしな」と脅す私。

実は、ハムもこのスケ番セットを買うつもりでいたそうで、再び店に行き、ハムもお買い上げ〜。
さすがに女性用のセーラーには抵抗があったのか、ハムは手持ちの学ランを着ることにしました。
今夜の「HMC杯 Nisekoソリ大会」は、この服で滑ることに決定!!

とうとうやって来ました「ソリ大会」。
この日のために、少ない時間の中、練習を積み重ねて来ました(嘘)。
会場に着くと、既に受付を済ませている人が何名かいました。
しかも、時間が経つにつれて人が集まってきて、すごく重い・・・(^^;)

受付をするとゼッケンをもらいました。
私は「11番」、ハムは「12番」。
まずは、初級者コースを3名1組で滑ります。
次に、その3名の中で1番になった人同士が滑るトーナメント方式。

私の番が来ました。
ギアを3足まで上げて、スタート!!
(あっ!出遅れた!!)
私の隣にいた人が先を滑って行きます。
追いつこうと必死で滑りましたが、結果は2位。
ここで残らなければいけなかったのに、残念な結果になってしまいました。

次の組で滑っていたハムは、楽勝の1位。
予選勝ち抜きです。
山頂に戻り、次のハムの番が来るまでスケ番姿勢で待機することにしました。

その間に、敗者復活戦があるというので、私も出ることにしました。
しかし・・・ここでもアクシデント発生。
スタート地点でソリに乗り、いまかいまかと合図を待っていたら、見知らぬ人が私のソリの後輪部分(?)に、ソリを置いてしまったことで、私のソリが動かすことが出来なくなりました。

スタートの合図が出たのに動けない・・・。
正直、くやしかったです。
見知らぬ人がソリをどかし、私も座りなおして遅ればせながらスタート。
結果は・・・言うまでもありません。

どよ〜〜〜んとした空気のまま山頂に戻ると、先程の見知らぬ人が謝ってきました。
挽回したいと思っていたから、くやしい気持ちでいっぱいだったけど、仕方がありません。
「今度は気をつけてくださいね。」
精一杯の気持ちで、この言葉を言うしかありませんでした。

こうなったらもう、ハムを応援するしかありません!
決勝戦を控えたハムに「頑張れ!!」と声援を送り、今度はゴール地点で待機することにしました。
ゴール地点では、友達らが沢山応援に来てくれていました。
みんなでハムを応援する中、私もどさくさにまぎれて「ハム〜〜〜愛してるよ〜〜〜」と叫んでみる。
この声はハムには届かなかったみたいだけれど、周りの反応は予想通り!
そしてこれまた予想通り!!ハムがゴール地点を1番に通過して来てくれましたぁ。

やった〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜♪
優勝だ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜♪
5000L$だ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜♪

友達らが「愛の力だw」と囃し立て、ハムに祝福を贈りました。
私はこの時、RLで足がツッてしまい、PCの前でもがいていたことは、誰も知る由もありません。

表彰式が終わると花火が打ちあがりました。
naturalway Flowさん(以後、ナチュさん)の花火です。
今日は新作花火のお披露目だとか。
キレイな花火が夜空を彩ってくれました。

ハムと花火を見ていたら、ニセコを管理するスタッフのHolland Iretonさん(以後、Hollandさん)がやってきて、私たちに見せたいものがあると言われて、ついて行くことにしました。
着いた先は、「ふうふ逢」の隣に出来た公園。
そこでしばらく話しをしていたら、友達らが集まってきました。
Hollandさんよると、この公園に仕掛けを作るつもりでいるそうです。
何かを唱えることによって、動作されるような仕掛けらしいけれど、どんな物が出来るのか楽しみですね。

再ログイン後、ハムを探したらニセコ1にいました。
周りには、kazan Kamachiさん(以後、カザンさん)、keropen02 Allenさん(以後、ケロペンさん)、kaguya Munroさん(以後、カグヤさん)もいました。
皆で、映写機に映し出されたスクリーンを見ています。
私も見てみることにしました。
そこには、カエルがイスに座ってコケるまでのアニメーションが・・・。
うわ〜〜こんなことも出来るのか?!と正直ビックリ。
手作り感のあるアニメーションが、何とも癒されます。

そこでしばらく皆と会話をした後は、ハムのニセコバスに乗って、今度はニセコ周遊の旅。
みんなであちこち巡ってきました。

「nanado!」の話しになって、カグヤさんが動画を撮り始めました。
何を撮ったのかと思ったら、みかんちゃん&みかんくんに変身した私たちを撮っていたようです。
早速、「nanado!」にアップしてくれたので、チェック出来ますよ〜♪ありがとう〜カグヤさん。

movie 「みかんなふたり」

みんなと別れた後、ハムと二人である場所に出掛けることにしました。
ここは、以前ハムと訪れたSIMですが、しばらくぶりに行ってみたくなったんです。

あの時と同じように、気球に乗ってみました。
懐かしい感じもするけれど、このSIMはすご〜〜〜く広くて大きいので、行く度に新たな発見があります。
あちこち探索していたら、ハムがこんな素敵な場所を発見!

虹がかかってて素敵でしょう?!
キメポーズを作って、バカップル丸出しです。
ダイビングもしてきました。
お魚はそんなにいなかったけれど、水中を泳ぐ姿を写真に収めてみるのも、なかなかいいものです。

気がつけばすっかり朝・・・。
まだまだ遊んでいたいけど、さすがに眠い。
また来ることを約束して、寝ることにしました。

foot 「道楽ショップ」(スケ番セットはこちらで)

foot 「Hirafu スキー場」

foot 「Niseko Hirafu公園」

Hirafuの憩いの場

昨晩インしたら、「ふうふ逢」の隣に公園(広場?)が出来ていました。
ニセコを管理するHMCのyuichiさんに伺ったところ、まだ途中段階だそうですが、昨日の時点で明日(本日)完成予定とのこと。
フンコロさんの結婚式場ともマッチする、素敵な空間が出来上がっていました。

さて、昨晩の私たちは、25日(金)に行われるソリ大会に向けて、練習を行いました。
何回かコースを巡っていたのですが、やっぱり私は外に飛び出してしまいます。
空中に浮かんだままになってしまったり、水没したり・・・(^^;)

水没した地点でボケ〜っとしていたら、ハムが迎えに来てくれました。
SIMのはずれにあたるこの場所から、さっさと戻ればいいのに、水中に浸かったままそこでしばらく写真撮影。
私はノーマルなSLですが、ハムはWindLightを使用しています。
今日は、ノーマルなSLとWindLightで撮影した写真の違いを見比べることにしましょう。


↑これは、私が撮影したノーマルタイプ


↑こちらは、ハムがWindLightで撮影したもの

やはり、WindLightはキレイですね〜。
水面がキラキラしています。
海の透明度も高いし、浸かっている部分がユラユラと揺れてとってもリアル!
すっかり冷えきってしまったので(爆)「ふうふ逢」に戻り、今夜はここで寝ることにしました。

house 「喫茶 ふうふ逢」

foot 「Niseko Hirafu 公園」

ヒラフの結婚式場

(1月20日の日記です。)

昨日は、ヒラフのインフォカフェでyuichiさんらと話しをした後、ハムと二人で現在建設中のフンコロさんの結婚式場を見に行きました。
外観はいつも見ていたけれど、実際中に入るのは初めてになります。
一年中雪に覆われたヒラフの土地に結婚式場が出来ることで、少しだけ春を感じさせてくれるような、気持ちになります。

教会を中心に、左右対称な作りになっていて、正面に据えられた十字架のオブジェには、滝のような水の流れが施されています。

正面右手にはグランドピアノが置いてあり、またその頭上にあるステンドグラスの色彩がとてもキレイでした。
正面左手にはラウンジがあって、センスのある調度品が置いてあります。
「ふうふ逢」をリニューアルオープンさせた時に、フンコロさんから頂いたものと同じフロアスタンドも置いてありました。

こちらが、この結婚式場を作ったフンコロさんです。
RLのお仕事も大変お忙しい方のようですが、コツコツと作り続けていらっしゃいました。
この結婚式場の名前を悩み中だそうですが、当初から付けていた「petit Blanc」になりそうです。

ここでこれから沢山のカップルが誕生して行くことでしょう。

foot 「petit Blanc」(仮)※ 現在建設工事中

(1月21日の日記です。)

今日は「ふうふ逢」に、た〜くさんのお客さんがやってきた一日でした。
こういう時に限って、ハムはRLで仕事が入ってしまっていたので、ほとんど離席状態。
それでもSLにインしてくれている心遣いには、毎度のことながら頭が下がります。

ハムが店番をしながらRL仕事を片付けている間、私は買物に出掛けることにしました。
春先に向けた服をいくつか物色。
靴を見ていたら、ハムから「お客さんだ〜〜」というIMが入りました。

「ふうふ逢」に戻ると、takanori1 Woodgetさん(以後、たかのりさん)とfuncolo Kiddさん(以後、フンコロさん)が遊びに来てくれていました。
たかのりさんが、美味しそうなうどんを食べています。
思わず「美味しそうだね〜〜」って話したら、頂いてしまいました。
どっちがお客なんだか・・・(^^;)
しばらく話しをした後、フンコロさんとたかのりさんは帰って行きました。

続いて現れたのは、常連のコメちゃん&キタロウさん。
この二人は毎日のように顔を見せてくれています。
ハムも時折会話に入ってくれたので、先程もらったうどんをみんなで食べることにしました。

このうどんは伊勢うどんという名前で、メニュー画面で選択をすれば、いろんな食べ方が出来ます。
ノーマルタイプ・ふぅふぅして食べるタイプ・一気にかけこんで食べるタイプ・子供のように丼ぶりを口元に持ってきて食べるタイプなどがあって、それぞれに面白い!!

そこに今度はチョビさん登場。
入るなり「ここも食べてるのか−−」だって。
みんなでうどんを食べている光景が、異様なくらいです。
今日ばかりは、「ふうふ逢」はそば屋に変身!!

続いて現れたのは、ニセコを管理するHMCのyuichi Ohさん(以後、yuichiさん)。
「ふうふ逢」の隣にあったフンコロさんの結婚式場が、移動したという話しを聞いてビックリ!!
普段お客さんの方を視点に見ているので、背後の様子を全く気に掛けていなかったんです。
ましてや、先程までフンコロさんはこの店にいたのに、私はその話を聞いていませんでした〜。
(後で聞いた話だと、私が買物に行っている間に、フンコロさんはハムに話しをしたそうです。)

それから、今週25日(金)に予定されているソリ大会の情報もゲット!
実は、コメちゃん、キタロウさん、ハムと私は出場することにしています。
とにかく一番ノリした人が優勝ということなので、タイムが優先になります。
ソリ大会の優勝者には、賞金として5000L$が与えられるということなので、参加する価値は十分にあります。

続いて現れたのは、エメ&ヤスさん。
いやあ〜今日は何なんだ??
次々とお客さんがやって来る・・・。

あと来るとすれば、彼女かな???と思ってたら、やっぱり来たぁぁ〜〜〜〜〜〜。
コブシちゃんも遊びに来て、「ふうふ逢」の常連フルメンバーって感じです。

後半はさすがに疲れてきて、いつもより少しだけ早く落ちることにしました。
みんな〜遊びに来てくれてありがとう!!

foot 「ふうふ逢」

一日タイニー体験

(1月19日の日記です。)

今日は、お友達のSea Quinnell(以後、Seaちゃん)さんが、「ふうふ逢」に遊びに来てくれました。
Seaちゃんは、服のセンスもオシャレな、とてもかわいいアバターさんです。
しばらくぶりに会った彼女は、服や髪型を変えて、デコ電まで持ったギャル系に変身。
どことなくリア・ディゾン似?!

Seaちゃんが帰った後、同席していたkometyama Darkstone(以後、コメちゃん)の家に遊びに行きました。
コメちゃんの家は、「ふうふ逢」と同じヒラフにあります。
一年中雪に覆われたこの土地にふさわしく、家はなんと「かまくら」仕立て。
なんとなくエスキモーな気分が味わえます。

コメちゃんは、他のアバターと比べて背の低いアバターさんです。
背が低い・・・と言っても、身長としては160cmはあるようなのですが、私も含め他のアバターは皆大きいので、軽く180〜190cm近くあります。

そんな彼女の家は、彼女のサイズで作られているので、入り口からして低い。
まるで「ロード・オブ・ザ・リング」のホビットの里みたい^^。
家の中を見て回るのに、私のサイズでは動き辛いので、子供サイズのシェイプに変身することにしました。

お家は、お友達が建ててくれてるそうで、ほぼ完成。
以前、「かまくら」の中にこたつを置いて、みかんを置きたいと話していたのですが、それもありました。
シンプルな中にも彼女らしさが詰まった、かわいらしいお家です。

夜になると、いつもの通り「ふうふ逢」の常連さんが集まってきました。
kitaro Kiddさん(以後、キタロウさん)、コメちゃん、ハム、私。
キタロウさんは、相変わらず老ネコの姿。
最近は、ずっとこれで登場しています。
キタロウさんの老ネコをきっかけに、今日は皆でタイニーに変身することになりました。

キタロウさんは老ネコ、コメちゃんはペンギン、ハムはチョコボ、私はスティッチ。
皆で小さくなって、「ふうふ逢」の中をウロウロウロウロ・・・。
そこへ、kobusixx Jinnさん(こぶしちゃん)とMtyobi Latteさん(チョビさん)登場!

私たちがタイニー姿だったので、チョビさんも犬のタイニーに変身。
こぶしちゃんは人間サイズのままだったので、視界によってはタイニーの姿が見えづらいらしく、それをいいことに、こぶしちゃんとふざけあって遊びました。

しまいには雪投げまで始める始末。
いつしか「ふうふ逢」から外に飛び出し、皆ではしゃぎまわりました。
タイニーになると、何故か童心にかえるような気持ちになります。

こぶしちゃんとチョビさんが帰った後、スキー場でタイニー姿のままソリ滑りを楽しみました。
なんだか面白〜〜〜〜〜〜い。
人間アバターとはまた一味違った楽しさが味わえました。

house 「ふうふ逢」

foot 「Hirafuスキー場」

昨晩は、ニセコ3に出来た「HBCエジプト広場」に遊びに行ってきました。
ここは、第59回 さっぽろ雪まつり「HBCエジプト広場」を再現したものなんだって。
ドーンと正面にある雪像は、とても迫力があります。

ついつい雪像に乗って遊んでしまう私たち。
記念撮影にも力が入ります。

この広場内には、スノーモービルサーキットのコースもオープンしています。
時間も時間だったせいかオープンから日も経っていたせいか、他には誰もいなかったので、無料で配布されていたソリを使って、コースを走ることにしました。

操作方法はそんなに難しくはないのですが、ソリの後輪(?)で立ち上がってジャンプが出来たり、ギアチェンジも出来る高度な機能を持ったソリです。
何周か走らせていたのですが、ついつい面白くなってジャンプをして遊んでいたら、遙か彼方まで飛ばされてしまいました。

着地した先にいたのは、キタロウさんとシュウちゃん。
変なところを目撃されてしまいました。
軽く挨拶を済ませた後、元の場所に戻ったのですが、どうせならとヒラフのスキー場でやってみることにしました。

雪質が違うせいか?!スムーズに滑走していきます。
むしろ、ちゃんと滑れてしまうので、面白さとしては半減。
それでも私は、海に落ちたりしてましたけど・・・(^^;)

ソリを降りて、スキー場内を少し探検しました。
以前見つけた隠し部屋の様子が、だいぶ変わっていました。
3階分くらいの隠し部屋になっています。
一体何の目的で作られたのでしょう??スタッフの会合かな??
秘密基地のような感じだったので、あえて写真には収めませんでした。

今日はもうひとつ、行きたいと思っていた場所があったんです。
それは、以前紹介した「立体迷路」です。
ハムも私も、ヒラフの「立体迷路」は制覇出来たので、今度は本店の「立体迷路」に行くことにしました。

ヒラフと違って、こちらは中が比較的見やすい構造になっています。
思っていたよりも早く休憩所に到着。
だけど・・・・これはハズレ(ワナ)の方の休憩所じゃないのかな??

少し休憩した後、ゴールを目指して歩き始めました。
途中、二手に分かれる場所があったので、ハムと私は別々の道を行ってみることにしました。
ハムが向った方は、残念ながら行き止まり。
私は順調に歩を進め、先にゴールインすることが出来ました。
プレゼントコーナーに立ち寄り、全品頂いてきました。

ここの「立体迷路」の隣には、新しく「立体迷路 ver.2」が建設されていました。
なんと!オープンは19日夜9時からとなっているではありませんか!!
一日早かったけれど、その前に本店が制覇出来て良かったです。
今度は、「立体迷路 ver.2」にチャレンジしてきます。

foot 「HBCエジプト広場」

foot 「Hirafu スキー場」

foot 「立体迷路(本店)」

昨日の日記にも書いたように、「ふうふ逢」をリニューアルオープンさせました〜。
昨晩は、プリムがまだ余っていたので、お客さんが来る前にお買物に出掛けることにしました。

カウンターテーブルの上に、以前からキャンドルを置きたいと思っていたのと、室内に華やかさが欲しかったので、豪華過ぎない花を探しに出掛けました。
プリムが多少余っているとはいえ、控えめなプリム数の物からセレクト。
キャンドル(コピー可)は2プリム、お花は4プリムの物にしました。

店に戻るとエメが遊びに来てくれていました。
最近、昔懐かしい映画「私をスキーに連れていって」を改めて観たら、「ふうふ逢」に来たくなったんだって。
ヒラフにはスキー場もあるから、まさに!!って感じです。


↑エメ

しばらくするとキタロウさんが窓から侵入を図っていました。
ドアがあるのに、何故か変わった所から入ろうとします。
今日も老ネコの姿で登場です。


↑キタロウさん

一時的に席をはずしていたハムも戻ってきて、いつもの通り和気あいあいと会話が弾みました。
先日、ハムの2アカ目であるHamutaro Kayo(通称「佳代ちゃん」or「ハムコ」)用に、髪の毛を買って来たというので、見せてもらうことにしました。
ハムから佳代ちゃんにアバターが入れ替わり、同じ人物が操作をしているハズなのに、ハムはハム、佳代ちゃんは佳代ちゃんとしての個性が光ります。

佳代ちゃんは、今日も変わらずのべっぴんさん♪お嬢様系のお顔立ちです。
しかし、その実態は・・・自分が一番!といった感じの、全世界の女性たちを敵に回すかのようなキャラクター。
そのギャップが何ともいい味を出しています。


↑佳代ちゃん(他の髪型の写真も撮ったけど、これが一番かわいいので^^)

キタロウさんは、そんな佳代ちゃんにぞっこん(【注】死語)。
ハムとキタロウさんとの掛け合い漫才が、また楽しく場を盛り上げてくれました。

その後、モモさんも来てくれました。
最近スキンを変えたそうですが、随分と美人さんになって、とてもかわいい。
世の中の男性が放っておかないですよね。


↑モモさん

さて話しは変わりますが、エメの店である「Bar Emeraldas」も、「ふうふ逢」よりひと足早くリニューアルオープンしました。
こちらは、全てハムが手掛けた作品になります。
海辺とマッチする白を基調に、南フランス的な要素を加えつつ、斬新で芸術性のあるデザインに仕上がっています。


↑ドーム型というのが斬新!!


↑床を持ち上げているこんなオブジェが目印です。


↑海側から見るとこんな感じです。


↑カウンターは海をイメージした水槽型カウンターです。


↑「Bar Emeraldas」のオーナー emeraldas Millsさん(エメ)。

素敵でしょう?!
連日いろんなお客様がみえて、商売も大繁盛!!
イケメンが集う・・・という噂もちらほら。
ご興味のある方は、是非こちらにもお出掛けください。

house 「ふうふ逢」

foot 「Bar Emeraldas」

foot 「Angel's Candles」 キャンドルショップ

foot 「TESH GARDENS」 フラワーショップ

先週、突如「喫茶 ふうふ逢」が忽然とその姿を消しました。

実は・・・特にお知らせもせず、改装工事をしていました〜♪
理由はいろいろあったのですが、一番に大きな理由。
それは、プリムが足りな〜い!!という、土地を借りている方なら誰しも経験したことのある悩み。
改装を手掛ける前の残プリム数は、「1」でした。
特にお正月の飾りつけには、かなりのプリム数を食っていたので、「ふうふ逢」の周りにある木々を減らしたり、一時的に消しておいても差し支えない物を極力しまいこみ、なんとかお正月の飾りつけをした程です。

スッキリとしてしまった「ふうふ逢」を見て、(自分が描いていたイメージは、こんなんじゃなかったハズ!!)と嘆き、もう1区画借りてしまおうか?!とも考えました。
そんな時にハムが、「借りるのは簡単。その前に、プリムを減らす方法を考えてみたら?」と言ってくれた一言で、私の「ふうふ逢」改装計画が始まったのです。

ハムも自ら率先して手伝うと言ってくれたのですが、「Bar Emeraldas」の改装工事も請け負っていたし、RLの仕事もあったので負担はかけられません。
それに自分自身の中で、一人で建造してみたいという欲求があったので、今回は私一人で頑張ってみることにしました。

これまでも、何度となくモノ作りには挑戦してきたつもりです。
ですが、数値で入力して位置を合わせることが苦手だったので、あちこちズレてしまっていたんです。
当初「ふうふ逢」を建て始めた時もそうでした。
その時は、そんな私を見かねてハムが手伝ってくれたんですが、今回は苦手な数値入力を克服するためにも、どうしても自分でやらなくちゃいけない!と思ったんです。

自分の土地に立ち、さあ〜始めるぞ!と思ってた時です。
オーナーのyuichiさんが声をかけてきました。
突然ヒラフの土地から無くなってしまった「ふうふ逢」。
他の住民さんたちが、どうしたのかと心配していたそうなんです。
特にお知らせもしなかったので無理もありませんでしたが、心配してくれてる人たちがいる・・・。
他の住民さんたちも気に掛けてくれていることがわかって、俄然やる気がみなぎってきました。

そうは言っても、いざ作業を始めるとやはり大変。
慣れない数値と格闘し、片手には計算機。
傍らにはメモ帳と鉛筆。
まるで、設計士さんか大工さんにでもなったかのよう。

プリムを削減しなくてはならないから、無駄なオブジェクトを作らないように、店自体を小さくした設計図を作成。
いくつのオブジェクトになるかを計算した上で、作り始めました。

以前の「ふうふ逢」は、ハムがほぼ一日で完成させた建物でしたが、私は軽く1週間かかってしまいました。
ここまで出来た段階で、いろんな反省点が見えてきました。
作業効率を考えたら、コピーして配置出来るところは、先にその部分だけテクスチャーも含めて作ってしまい、それからコピーして配置すべきでした。
だけど、これも経験!!やったからこそ、わかるものなんじゃないかな?!

仕事から帰ってきたハムに、その出来映えを見てもらいました。
審査員ハムのチェックが入ります・・・。
下手くそだとか、向いてないとか、何か突っ込まれるんじゃないか?と思っていたのに・・・。
返って来た言葉は、「いいよ!」。

ええ〜(^^;)
だって、あそこがこーでね、あっちはこうなってるしと、自分として納得していない部分を説明し、それでも自信の持てない私に、ここは全て私が手掛けたもので、それが自分(ハム)にとっては誇りなんだと言ってくれたお陰で、やっと自信を持つことが出来ました。
最初から完璧なものじゃなくてもいい、一人で作り上げたということが大事なんだと教えられたような気がしました。

ここまでの段階で、残プリム数「100」!!
かなりの好成績です。
改装計画の目的であったプリムの問題は、軽くクリア出来た感じです。
ハムにカウンターのサイズ修正とイスの配置、ストーブの設置、木々を置いてもらって・・・それでもまだプリムは余ってます^^

「ふうふ逢」リニューアルオープンです。

house 「喫茶 ふうふ逢」

このページの上部へ

About

このブログの説明などを自由に。
iPhoneなどのスマートフォン向けサイトもあります。スマートフォンでこのページを開くか、URLの最後に i を付けていただけばOKです。

プロフィール

運営している人のプロフィールとか入れたりしても良いんじゃないかな。

サイト内検索

カテゴリ

最近のピクチャ

最近のコメント

Powered by Movable Type 5.2.9