新SIMオーナー誕生

  • Ayse
  • SIM

前回の記事「さようなら・・・そして、ありがとう。」でもお知らせした通り、8月末をもってNiseko2 SIMが閉鎖する事になりました。
9月に入ると、Niseko2 SIMに置いてあった建物の撤去作業や、住人たちの移住など慌ただしい毎日が続いていましたが、ようやくまっさらになった土地を見てみたら、なんだかとても広く感じます。


Nisekoで出会った素晴らしい仲間たちとそれぞれ離れてしまう事の寂しさ、そしてNiseko SIM、Niseko3 SIM、Niseko Annupuri SIMなどの連結されたSIMであることの素晴らしさを感じていた私たちは、Niseko2 SIMのあった土地が無くなってしまう事に寂しさを感じていました。

何度となくハムと話し合った末、出した結論は・・・
私たちでSIMを維持させて行くこと。
このNiseko2 SIMの跡地を買って出たのが、そう私たちです。

SLを始めた頃には、自分らがSIMオーナーになるなんて、夢にも思わなかったのですが、沢山の仲間たちに支えられたお陰か、こうしてSL歴3年を迎えています。
これからはHamusukeとAyseで、この土地を切り開いて行きます。

新たなSIMの誕生まで、しばらくブログはお休みします。
みんなに愛される素敵なSIMを目指して頑張るよ。

センセーショナルなタイトルで始まりましたが、今まで私たちが過ごしてきたNiseko2 SIMが8月末で閉鎖となり、また新たな形でSIMの誕生を迎える事になりました。
これまでお世話になったNiseko2 SIMに感謝の気持ちを込めて、今日は景観写真をメインにお送りします。

Niseko2 SIMは、Niseko SIMの次に誕生したSIMで、ニセコ神社、ニセコマート、ニセコ大橋などがあり、羊蹄山の麓に位置した景観豊かなSIMです。
ニセコ神社は、そのクオリティの高さはもちろんのこと、毎年お正月になると初詣に訪れるお客様が沢山いらしていました。
私たちも何度もここで写真を撮ったことがあります。

ニセコマートでは沢山の商品が置いてあって、お買物に訪れるお客様が後を絶ちませんでした。
商品形態によって仕切られているので、目的の物がとても探しやすかったです。

この黄色い橋は、Niseko2 SIMとNiseko3 SIMとに架かるニセコ大橋です。
RLのニセコ町にも実在する橋になります。
この橋のクリエーターは、HMCスタッフのTakiさん。
橋の構造の名前をよく知らないので、何て説明したら良いのかわかりませんが、ワイヤー部分まで1本1本丁寧にプリムで作られてあります。
その1本1本をきちんと組み合わせていった作業には、大変な労力がかかっているものと思います。
Nisekoでのイベントでは、よくこの黄色い橋についてのクイズが、よく出題されていました。
皆さんは覚えていますか?

Q. (RLの)ニセコ大橋の橋の長さは何メートルでしょう?
A. 380mです。

Niseko2 SIMを上空から見るとこんな感じです。
緑豊かな自然と、人情味のある住人たち、沢山の人たちに支えられたNiseko2 SIM。

「喫茶ふうふ逢」も今日で閉店です。
最後に来てくれたお客様は、いつものメンバーでした。
ありがとう、みんな。

左から:ふーみん、カザンさん、ケロペンさん、キタロウさん

みんなで笑ったり、泣いたりした思い出がいっぱい詰まったSIMでした。
さようなら・・・Niseko2 SIM。
そして、ありがとう。

日本人のココロ

お友達のchikuwa Fodenさん(ちっくん)から頼まれて、堺SIMで行われるお祭りの看板をNiseko SIMとNiseko2 SIMに置かせて頂いたこともあって、せっかくなので遊びに行ってみることにしました。
堺SIMへの潜入は、これで2度目になります。

「帰ってきた! フレとの再会」の記事にあるSIMが堺SIMになります。
和風の侘び・サビや懐かしい昔の日本を表現したSIMだそうで、とても趣のあるSIMです。
なんかホッとするような安心感があります。

そんな風情のある堺SIMでのお祭り行事という事で、初日から行きたかったのですが、なかなか時間が取れず、結局翌日のしかも深夜(早朝とも言う)に出掛ける事になってしまいました。
当然人もまばら・・・当然ちっくんもいません。
残念・・・

せっかく来たのだからと、堺SIMをぐるーっと一回りして来ました。
石津川という川では、灯篭流しを見る事が出来ました。
幻想的な雰囲気で、とっても素敵でした。

そんな堺SIMでふらふらと飛んでいたら、面白い物が目に入りました。
それは、こちらw

地鎮祭の飾り付けがセットされています。
土地の神を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得るという地鎮祭。
SIMの土地に置いてみるというアイデアが気にいって、私も早速お買い上げしてしまいました

この地鎮祭の飾り付けは、早速使わせてもらう事になりそうです。

「第2回 納涼盆踊大会 in 堺SIM」※既に終了しています。
日時:2010年8月27日(金)22時より
場所:***JG堺***SIM特設会場にて

JAPAN GRAFFITI Sakai1574 SIM

ベンチ作り

しばらくぶりのブログです
2ヶ月位書いてなーーいっ。
その理由については、これから先の記事で書いて行く事にします。
という事で・・・訳あってベンチ作りをする事になりました。

ベンチに順番に複数人が並んで座れるようにしたかったのですが、そういったスクリプトを自分で作るのは困難・・・という事で、この方にお願いをしました。

karasu Blackburnさんです。
「Crow's Field」というBarを営む傍ら、スクリプターとしてスクリプトのオーダーも受けてくれるそうです。
というか、スクリプターの方が本業かw
事情説明をしたら、早速出してくれました。
順番に複数人が並んで座れるようにするスクリプトは、Multi Sitというそうです。
たまたま最近作ったばかりだったそうで、本当にタイミングが良かったです。
カラスさん、ありがとうございましたw
戻って、早速スクリプトを入れ込んでみる事にしました。
Ayse作(Special Thanks: karasu Blackburn) 海沿いベンチの出来上がりです。

footCrow's Field」 ←カラスさんのお店はこちらw

Step Up! カバーアルバム発売

今夜は、22時よりBalmy breezeにおいて行われた「Step Up!」さんのライブに行って来ました。
今回のライブは、オリジナルカバーアルバム「utaitaiCover.com」の発売記念ライブだという事で、聴き馴染みのある名曲ばかりを集めたカバーアルバムだという事です。

23時からSLのメンテナンスが入るという情報の中、ハラハラドキドキしながらのライブでしたが、懐かしい曲や2000年以降の曲などを交えて、老若男女が楽しめる内容となっていました。

今回のライブでの最大のヒットは、個人的には1曲だけ歌ったアニソン。
モチモチさんの声質にピッタリで、ハマり過ぎました。
残念ながら、そのアニソンはアルバムの中には収録されていませんが、アニソン特集など是非やって頂きたいものです。

すっかり気にいってしまったので、ライブを聴きながら早速アルバムをお買い上げ。
下記URLから購入可能です。
視聴も出来るようなので、皆さま是非お試しください。

http://www.dojinongaku.com/contents/goods_detail.php?goid=5962

Niseko SIM盆踊り大会

今年もやってきました「Niseko SIM盆踊り大会」。
ブログに書きこむのをすっかり忘れていて、あっという間に10日も過ぎてしまいましたcoldsweats01

今年の盆踊り大会は、8月6日~8日までの3日間。
「のんびり、まったり」をコンセプトに、特に大きな催し物は設けず、ただひたすら踊るという内容で行われました。そういう私も、「今年は盆踊り大会やらないのかな?」という一言がきっかけで、盆踊り大会の実行委員に抜擢されてしまい、開会の挨拶までさせて頂いた次第です。

一日目は開会式が行われ、「子供盆踊り唄」のメロディに合わせて、みんなで櫓を囲み踊りました。
二日目には、Niseko AnnupuriオーナーのChunさん撮影による、RLニセコ町の花火大会をUstreamにて中継が行われました。
三日目は、久々登場のNisekoオーナーであるYoheiさんを交えて、Niseko住人とNiseko SIMを愛する仲間たちと一緒に、盆踊りを堪能しました。

閉会の挨拶を締めくくるのは、同じく実行委員であるHamusukeです。
若干RLで酔っぱらっているらしく、いい感じのボイスで締めくくってくれました。

これも恒例となっている記念撮影。
Niseko SIMを愛する仲間らと共に。。。

来年はどんな盆踊り大会になるでしょうか?
既に来年を楽しみにしているアイでした。

帰ってきた!フレとの再会

7月21日深夜、オンラインを告げた一人のフレンドの名前に、私は釘付けになりました。
名前はChojyu(超寿)さん。
SLにインするのは、本当に久しぶりになります。
突然インする事が出来なくなってしまい、それから早くも約2年の年月が過ぎ、再びオンラインの名前が出た時には、目を疑った位です。

すぐさまIMしてみたところ、すぐに返事が返ってきました。
以前SLにインしていた頃とは、ビューアーのバージョンも変わり、すっかり仕様が変わってしまった事に躊躇している様子。
無理もありません。

その後しばらくして、今度はフレのちくわさんからIMが来ました。
「超寿がインしたーw」と嬉しそうな声。
家で一緒に盆踊りしてるという事で、呼んでもらう事にしました。
古い友人たちが集う中、私も盆踊りに加わり、一緒に超寿さんとの再会を喜びました。

当たり前ですが、アバターの顔も以前と変わらず。
それがやけに安心してしまう私たち。

盆踊りをしながら、集まった方々とジェスチャー披露。
いろんなジェスチャーを頂いては作動してみる。
久しぶりにインした超寿さんにとっても、楽しい一時になったのではないでしょうか?
これからは、またちょこちょこインしてくれるようです。

24日(土)には、私たちの店「喫茶ふうふ逢」にも遊びに来てくれました(あまりにも嬉しくて写真撮るの忘れてたcoldsweats01)。
そこでハムとも再会。
超寿さん不在の2年間の思い出話に花が咲き、こんな事があった、あんな事があったと報告し合いました。

思い返せば私がSLを始めたばかりの頃、モノ作りを教えてもらった師匠がいたのですが、どうしても理解出来なかった事があって、その時に超寿さんが丁寧に補足を加えて教えてくれたり、慣れてもいないのに土地編集をいじってしまい、自宅の砂浜を海にしてしまった時にも、うろたえる私を心配し励ましてくれたり、皆で路上焼肉をした思い出などいろんな事が思い返されました。

月日が経つのは早いもので、そんな私も今では店を10回位建て直し、様々なイベントの会場作りをさせてもらうなど、成長したものです。
これも超寿さんのお陰かもしれません。
こうして再び再会出来た喜びに、ハムも私も感無量の一日になりました。

Niseko24時間テレビの後、突如「喫茶ふうふ逢」を模様替えすることになりました(またかw)。
RLのニセコで見た、あの建物の雰囲気が気にいってしまい、「喫茶ふうふ逢」に取り入れてみる事にしたのですhappy01
わかる人にはわかる(?)、あの建物を模して、そこに「喫茶ふうふ逢」のイメージをプラス。
安らぎ感のある素敵な建物に仕上がりました。
(この建物を置くにあたって、RL建物の所有者であるご本人にも見て頂き、了承を頂きました。)

内装も、これまで利用してきた家具や、自家製パソコンを置いて雰囲気作りを心がけてみる。
実際中に入ると、これが不思議と落ち着くんですよね~。

喫茶(BARになってる雰囲気もあるが)部分は、従来の「喫茶ふうふ逢」で使用してきたカウンターを設置。
茶色の外壁と緑のカウンターの相性もバツグン(と自分で褒めてみる)。
前回とは異なる、明るい室内になりました。
外にはテラスを設け、ロッキングチェアーに揺られながら、遠くの海を眺めることもできます。

さて、そんな「喫茶ふうふ逢」の入口には、灰皿が設置されています。
喫煙者は外で、吸ってくださいね。
というRLに近い発想から、たまたま見つけたのがZIPPO(ライター)の記事。
あちこちのZIPPOを試してみましたが、これが一番良かったので、お買い上げw

ZIPPOの蓋を開けて、火を灯し、蓋を閉じるアニメーションと音と共に、タバコをくゆらす事が出来ます。
しかもこのタバコ、5分程度で吸い終わります(見えなくなる)。
タバコには回数制限が設けられていて、無くなったらタバコを買いに行くというシステムになっているところが、まさにRLみたい。
ありそうで無かった、こんなシステムに、またまたやられてしまいました。
愛煙家の皆さん、是非とも一度このZIPPOライターをご覧になってみてください。
ちょっとハマりそうな予感です。

house 喫茶ふうふ逢

foot Orlea lighter&cigar ←ZIPPOライター

ニセコ24時間TV(告知)

昨年、Niseko SIMで開催された「ニセコ24時間ラジオ」が、今年もRLニセコ町とのコラボによって、「ニセコ24時間TV」として開催することが決まりました。
既に各方面からの告知によって、今回のイベントについて耳にされている方も多いとは思いますが、本日NisekoSIM内のあちこちに看板が設置され、ポスターが配布されています。

NisekoSIM内に置かれたこの看板をクリックすると、詳細が書かれたノートとポスターを受け取る事が出来ます。

さて、そんな「ニセコ24時間TV」ですが、ポスターの中に入っていたノートから簡単に抜粋しますと・・・

  • パーソナリティーの人数増強(賑やかに、そして女性陣が加わることで華やかになる!)
  • SL&RL共に豪華出演者によるライブあり(SLもRLも見逃せません!)
  • 昨年行われた「川柳道場」もパワーアップして帰ってくる(プレゼントに期待!)
  • RLニセコ町の方々との対談や、ニセコ生中継あり(中継班のハプニングに期待!)
  • ネットツールを駆使した24時間(流行りも抑えます!)

という豪華な内容になっています。

昨年の「ニセコ24時間ラジオ」では観客として、川柳道場や大喜利のコーナーに参加して、宿泊券を頂いてしまった私ですが、今回はイベントのスタッフの一員として、お手伝いに行くことになりました。
足手まといにならないように、頑張って来ます。

《ニセコ24時間TV》
6月26日(土)19:00 O.A
詳しくは、下記のサイトならびにTwitterをご覧ください。
pc ニセコ24時間TV(ホームページ)

pc ニセコ24時間TV(Twitter)

Niseko2にある私たちのお店「喫茶ふうふ逢」を、またまた建て替える事になりました。
自宅兼喫茶と称した前回の建物は、もともと自宅を作るつもりで作っていたのもあるけれど、自宅の要素が多すぎて、友人らが集う場としては余計な物が多すぎたように思っていたからです。
再び建設作業に勤しむ私の隣でハムは、また建て替えるのかと半ば呆れ顔。
何度だって建て替えますよ~bleah
ということで、新しい「ふうふ逢」はこちらになります。

外観のレンガは、これまでとそんなに変わりませんが、中庭を作ったので、建物のサイズとしては比較的大きなサイズになります。
入口から入ると中庭が広がり、緩やかな傾斜の先にはプールがあります。
喫茶コーナーをこのプールの傍らに配置し、壁面には巨大なTVとWebページが観られるようにしました。

また今回は初の試みとして、ギャラリーを作ってみました。
記念すべき最初の展示内容は、「ふうふ逢」の歴史を振り返る「ふうふ逢展」になります。
今回の建物で8作目となりましたが、振り返ると懐かしくなってきます。
これからも、自己満足喫茶として営業して参りますので、皆様温かい心で見守ってくださいw

house 喫茶 ふうふ逢

このページの上部へ

About

このブログの説明などを自由に。
iPhoneなどのスマートフォン向けサイトもあります。スマートフォンでこのページを開くか、URLの最後に i を付けていただけばOKです。

プロフィール

運営している人のプロフィールとか入れたりしても良いんじゃないかな。

サイト内検索

カテゴリ

最近のピクチャ

最近のコメント

Powered by Movable Type 5.2.9